転換と聞いたら疑ってみましょう
既に何年か前に生命保険に加入した人とのところへ、「契約内容の見直し」と称して「見直し後のプラン」を持参し、セールスレディーがあなたのところへやってきた記憶はないでしょうか?

「一般的には、皆さんこれくらいの保障は必要とされていますよ」
「お子さんが大きくなると、お金も必要になってきます」
「新しい商品ができて、保険料もお安くなっています」
といった台詞で、新たな「見直し後のプラン」を勧められた経験がある人は少なくないでしょう。

そして、もし、このお勧めに納得して、セールスレディーの言うとおり、今までの保険を「下取り」にして新たな契約を結んだ場合、必ず「転換制度」という方法が用いられています。

「転換」とは?

「転換」とは簡単に言うと、「今までずっと保険料を払って加入していた保険」を「新しいタイプの保険」に変えることを言います。これは「今までの保険」を辞めて(解約して)「新しい保険」に加入するということです。

そう。今までの保険を解約させるのです。これが転換です。

今まで入っていた生命保険には、とても大きなメリットがあります。それは若いときに加入しているから保険料が安いということ。若いときに加入した保険というのは、加入時の利率がどうとか、今は商品性が良くなっているからとかなんとか、古い保険はだめみたいな言い方をする人がいますが、殆ど同じ内容なら若いときに入った保険のほうが安いのです。この事実がひとつ。

もうひとつは、今から10数年前はご存知のとおり金利が高かった時代がありました。この頃に加入した方がここのところ、「更新」時期を迎えます。(更新とは保険期間が10年や15年の保険に満期が来て、再度その保険を継続すること)更新とは言っても、生命保険には主契約と言ってベースになる長期間の保険が付いていて、殆どが「終身保険」になっています。この保険、金利が高い頃に加入していると、今と比べると同じ保障をよりやすく加入している可能性が高いのです。すなわち、現在に比べ同じ保障が割安で手に入ると言うわけです。

保険の良し悪しって何でしょう?

保険には形がありません。見ることもできません。だから比較できるのは、保障が同じなら「保険料」と「会社の健全性」だけが比較の対象になります。

したがって、繰り返しになりますが、若いときに入った保険は保険料が安い。現在のあなたにとっては何年かたった現在加入できるいかなる保険よりも良い条件で入っていることになります。すなわち良い保険である可能性が非常に高いわけです。