一刻も早く家族のために行動しましょう!
なぜ、生命保険の見直しは家計に影響するのか、効果的な見直しのポイントは?わかりやすくご説明します。

逓減定期保険、収入保障保険を活用する

最初から結論に入っていきます。保険料削減にもっとも貢献するのは、この2つの保険です。2つといっても、逓減定期保険は一度に保険金を受け取るタイプ、収入保障保険は年金形式で保険金を毎月分割で受け取るタイプで、どちらも、ある一定期間の保障を確保する定期保険ですが、徐々に保険金額が減っていくという特徴をもっています。

この保険については、世の中を見回しても悪く言う人はいません。ファイナンシャルプランナーはもとより、著名な経済ジャーナリストの方や、作家もこの保険を勧めています。
合理的で、必要な保障を確保するには非常に合理的な申し分のない保険といえます。

必要保障額は減っていく

保険の目的となる必要保障額の計算式は、

一か月あたりの生活費×12ヵ月×配偶者の平均余命

となります。
(もちろん、このほかに教育費、住宅費等々、必要なお金はありますが、やはり、生活費が大きな割あいを占めるのは言うまでもありません。)

配偶者の平均余命とは配偶者の現時点での寿命です。すなわち、年をとればとるほど、この数字は小さくなります。

したがって、毎年、徐々に必要保障額は減少していくことになります。

保険の見直しはここが最も重要です。

保険を合理的にするためには、必要保障額のように保険金が毎年減少していく必要があります。

収入保障保険や、逓減定期保険がこれを満たしてくれるのです。