がんってこんなにお金がかかるんだ・・・
今や、がん家系という言葉も役に立たなくなりました。がんは誰でもかかる可能性がある。そんな状況の中「がん保険は必要ですか」の問いに答えます。

Q.がん保険は必要なのでしょうか?


A.がんに備えたいというニーズがあるならとても助けになる保険です。

がん保険とはどんな保険か

がん保険は医療保険の仲間ですが、「がん」という病気だけを保障する特殊な保険です。
医療保険は、どんな病気でも、けがでも入院したり、手術をすれば、その日数、手術の内容に応じて、保険金を受け取ることができます。

がん保険は「がん」であることが条件なので、ほかの病気やけがの時は一切保険金は支払われません。したがって、医療保険に比べて保険料がかなり安くなります。

1日当たりの入院給付金だけをみても、医療保険で5000円の給付金に対し、保険会社や商品によりますが、概ね2倍から3倍の給付金を同じ掛け金で受け取れる保険に加入できます。

「がん」は治らない?

近年、がんの治療については医学の進歩によりかなり治癒率が高まっています。しかし、それは、早期発見が原則で、末期のがんにおいてはどうでしょうか。

「がん」ができる場所によっても見つかりにくい箇所なら、早期発見は難しく末期で発見される場合も少なくありません。進行の早いがんもあります。
命にかかわる病気であることには変わりないのです。

何としても直したい!

命にかかわることだから、何としても救ってあげたい、救ってほしいと誰もが考えます。
しかし、実際のところ健康保険の対象でそれほど大きな負担もなく受けられる治療には限界があります。「手術」「抗がん剤」「放射線治療」が挙げられますが、いずれも早期発見の場合は大きな効果を期待できる治療であっても、病状が悪化している末期がんにおいて難しいのが現状です。

それでも救いたい、救ってほしいと考えたとき健康保険で認められていない先進医療や自由診療(保険で認められていない治療)そして民間療法(がんに効くと言われているサプリメント等)に助けを求める方が多いのです。
しかし、これらの治療はいずれも高額で大きな負担を強いられてしまいます。この問題を解決してくれる保障ががん保険にはあります。

がん保険には、医療保険と異なる保障があります。それは「がん診断給付金」です。がん診断給付金は、医師にがんと診断されたときに受け取る一時払いの給付金のことです。設定は各社、商品によって様々ですが、その金額によって掛け金が変わります。入院が短期化している昨今の状況を踏まえると、入院が条件の保障に比べがんになったら受け取れる、何としても救いたいという願いをかなえるために役に立つ保障といえます。

このように、がん保険は目的が明確な保険といえます。非常に理解しやすい保険です。冒頭の回答にもあるように、がんに備えたいというニーズがあれば、まさかの時に「入っておいて良かった」と言える保険になるはずです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。