打合せ
亡くなったお父さんが負担していたら相続
Q.私は、父が亡くなり死亡保険金をもらいました。誰が保険料を負担していたかで税金の種類が違ってくると聞きました。具体的にどんな場合にどんな税金がかかるのでしょうか?

A.死亡保険金を受取った場合には、保険料負担者が誰かによって課税関係が変わります。その課税関係を確認しましょう。

亡くなったお父さんが保険料を負担していた場合

お父さんが亡くなって生命保険金を受取った場合に、その保険料をお父さんが負担していたものは、相続税の課税対象になります。

しかし、相続税の課税対象になった保険金のうち、相続人が取得したものについては、非課税限度額※があります。この非課税限度額は、相続人の生活保障のために設けられています。
※非課税限度額=500万円×法定相続人の数

この非課税金額を越えた部分を他の遺産と合算して、相続税の計算をします。その合算された遺産(※)が相続税の基礎控除額(5000万円+1000万円×法定相続人の数)を超える場合には、相続開始から10ヶ月後までに相続税の申告が必要になります。一方、基礎控除以下ならば、相続税の申告は不要です。
(※)債務等を控除後の金額(小規模宅地等の特例等を適用する前の金額)

■事例 死亡保険金3,000万円を取得した場合(法定相続人は2人、相続放棄はいしていない)
3000万円-500万円×2人=2000万円(この金額を他の遺産と合算)
合算された遺産が基礎控除額(7000万円=5000万円+1000万円×2人)を超える場合だけ、相続税の申告が必要。従って、基礎控除以下ならば相続税だけでなく他の税金もかかりません。