打合せ
借金は誰が引継ぐべき?
相続をする際に、借金は誰が引継ぐべきでしょうか? 債務も基本的には法定相続分で承継されるのですが、プラスの財産と同じように、相続人のうちの誰か特定の人に寄せても良いのです。確認をしておきましょう。

借金が何の財産に由来するものか?

借金が何の財産に由来するものかがはっきりしていれば、その財産を取得する人が引継ぎます。例えば、賃貸用のアパートを建てたときの借金の場合には、そのアパートを取得する人が引継ぎます。アパートを取得した人がそのアパートを建てるためにした借金も受け入れるということです。

どの財産にも由来しないもの

どの財産にも由来しない借金(日常生活のために重ねた借金)は、多めに相続する人がいれば、借金も相続すれば良いでしょう。また、財産を均等に分割するのなら借金も均等に負担すれば良いででしょう。

借金は、相続人のうちの誰か特定の人に寄せても良いのですが、銀行などの債権者が承諾することが前提です。債権者は、返済能力のない人が借金を引継いで自己破産されると困ってしまうためです。