打合せ
遺言の基本的なことを確認しておきましょう!
これまで遺言に関する記事をいくつか書いてきました。これらの記事を整理して、遺言の基本的なことから実際に相続があったときのことまでをまとめました。確認をしておきましょう。

遺言が必要な人はどんな人か?

遺言が必要な人は下記の通りです。
・子供がいない人
・相続人関係が複雑な人(例.腹違いの子がいる、行方不明な子がいる、トラブルが予想される など)
・多めに相続させたい子がいる人
・相続人以外の人等に財産を遺したい人(例.世話になった人、特定の団体への寄付)

遺言でできること

遺言で出来ることはなんでしょうか? 遺言では、財産の処分や相続人に関すること、さらに遺言執行人の指定などが出来ます。大切な遺言を書く前に確認をしておきましょう。
遺言の効力はこんなにある!

失敗しない遺言書の書き方

遺言は、法律的に保護されていますが、「法的に有効な遺言」を実現させる手続を理解した上で行わなければ、せっかくの意思も無駄になってしまいます。そこで、遺言の基礎を確認しておきましょう。
失敗しない遺言書の書き方

遺言書の間違った書き方 6つの失敗事例

前述した「法的に有効な遺言」があっても、内容に問題があり、遺言者の意図と違う結果になることがあります。そこで、「意図と違う遺言」の失敗事例に学びながら実務ポイントを確認しましょう。
遺言書の間違った書き方 6つの失敗事例