薬検索:病院でもらうお薬について知りたい人はこちら。1万種以上の処方薬を、医薬品一般名・主成分などから検索できます。対応する症状、効用、飲み方、副作用などをわかりやすく解説。

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

ゲンタシン軟膏0.1%

ゲンタシン軟膏0.1%

MSD株式会社

主成分 日局ゲンタマイシン硫酸塩
剤形 白色~微黄色の半透明の軟膏剤、(チューブ)白色、(キャップ)緑色
シート記載 ゲンタシン軟膏0.1%

この薬の作用と効果について

    • この薬はアミノグリコシド系抗生物質です。細菌の増殖を阻害し、局所の感染症をなおします。
      通常、皮膚感染症の治療に用いられます。

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。

    • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
    • 妊娠または授乳中
    • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量(この薬の使い方)

    • 通常、1日1~数回患部に塗布するか、あるいはガーゼなどにのばしたものを患部に貼付します。必ず指示された使用方法に従ってください。
    • 眼科用には使用しないでください。
    • 塗り忘れた場合は、気がついた時点で1回分を塗ってください。ただし、次に塗る時間が近い場合は、塗らずに次の分から指示されたとおりに塗ってください。2回分を一度に使ってはいけません。
    • 誤って多く塗った場合は医師または薬剤師に相談してください。
    • 医師の指示なしに、自分の判断で塗るのを止めないでください。

この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

    • 主な副作用として、発疹などが報告されています。発疹、掻痒、発赤、腫脹、丘疹、小水疱などの症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
    • まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
      このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
    • 該当する記載事項はありません。
    • 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

保管方法・その他

    • 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、湿気を避けて室温(1~30℃)で保管してください。
    • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。
医療関係の求人を探す 看護師の求人 薬剤師の求人

関連ガイドサイト

主成分が同じ薬

<ご利用に当たっての注意事項>

  • 当サイトで提供する薬の情報は「くすりの適正使用協議会」より提供されたデータに基づいて作成されています。
  • この情報で被ったいかなる損害についても、当社とくすりの適正使用協議会は一切の責任を負わないものとします。
  • 実際の服用に際しては、担当の医師・薬剤師にご相談ください。