京都の老舗の銀製ウイスキーカップ


いま、ウイスキーの人気が再来

01

 

最近、ハイボールが人気になるなど、ウイスキーのブームが再来の気配。日本のウイスキーが国際的な品評会で高い評価を得たりもしています。ウイスキーを楽しく飲む時代が、また、やってきているのですね。

そこで京都の清課堂が、ウイスキーを楽しむための、特別なカップを製作しました。

02

 

使うほどに風合いや味わいが増す

清課堂は江戸後期の天保9年(1838年)に錫師として創業した老舗。清課堂の錫と銀の製品は、永く使い込むほどに風合いや味わいが増す名品として、古くから粋人たちに親しまれています。

今回のウイスキーカップも、実は、以前より作られている銀製のもの。ワンショット30cc用の小さなカップで、純度の高い銀950で作られています。

銀は地上でもっとも光り輝く金属素材のひとつ。それを金鎚で叩いた跡を残した肌が、キラキラと煌めいて美しい。銀ならではのほどよい重さも快いです。

京都の名匠のコラボレーション

そしてこのウイスキーカップの「特別」なところは、伊藤組紐店の絹製の網に入れられていること。伊藤組紐店も同じ京都の寺町で180年以上の歴史をもつ老舗(http://www.itokumihimoten.com/)。いうなれば、京都の名匠の共演による作品なのです。

淡く柔らかな絹の七宝網目から、鎚目の銀の肌が覗き輝くのが、まさに特別な趣。網は、黒、茶、珊瑚、水浅葱、鶯の5色から選ぶことができます。なお、受注製作のため、納期はおよそ2ヶ月です。
03

 

DATA

ウイスキーカップ「銀阿弥」
大きさ:35×45mm
重さ:30g
銀950製、絹製七宝網目付き。3万5640円(税抜き)

■販売元・お問い合わせ

清課堂
http://www.seikado.jp
tel:075−231−3661

《関連記事はこちら》
日本酒を五感で堪能するための器「うすはり 大吟醸」
錫製のお猪口はマイルドな飲み口に変わる驚きの器

 

出典:PREMIUM JAPAN

rogo_1

PREMIUM JAPAN

日本のプレミアムを世界へ、日本へ。そして未来へ。プレミアムジャパンはメイドインジャパンのプレミアムな情報を発信。温泉、日本酒、おもてなしの心。世界に誇れるメイドインジャパンの魅力をお届けしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 1

    市場初のステンレス鋳造ホーロー鍋

  2. 01

    鍋好きのための鍋「肴七味(ななみ)」の卓上鍋

  3. ss_01_A

    大切に使い続けたい。そう思わせるイチョウまな板

  4. s_shuro

    この2つがあれば他に何もいらない、そう実感した「たわし」と「スポンジ」

  5. 01

    「アメ色タマネギ」が癖になる! こだわり抜いた桜の木ベラ

  6. EJ064-00-5001-A088_U2

    日本初のアルミ合金鋳物鍋! 1台8役の屈強な鍋

  7. 965c0bcd00f58ad7db5f3c1a8fdb9344

    仕事終わりに束の間の休息を。ひとりサイズのミニ土鍋

  8. EJ114-02-0000-A495_04-1024x669

    100年間家庭の「焼き」を支えるクラシックフライパン

  9. img

    世界に誇る日本の“用の美”。山田工業所の「打出フライパン」

新着

  1. DSCF4127
  2. IMG_5975_1
  3. IMG_1259
  4. _MG_1191[1]
  5. 160519_200
  6. JBS-360_レンジs
  7. IMG_5649
  8. IMG_1996
  9. 製品&トースト
  10. moco_2_fix

Pick Up

  1. _MG_1191[1] 27時間かける「究極の牛タン塩釜」 ~しっとりやわ…
  2. _MG_0966 26時間かける「究極の冷やし中華」 ~ツルっとモッ…
  3. choujikan-0998_2 22時間かける「究極のチャーハン」 ~しっとりジュ…
  4. choujikan-1211 12時間かける「究極のカルボナーラ」 ~ねっとり濃…
  5. resize こんなの欲しかった!インスタ発の”神食…

人気記事

  1. JBS-360_レンジs
  2. IMG_5649
  3. _MG_1191[1]
  4. 製品&トースト
  5. 160519_200
  6. moco_2_fix
  7. IMG_1996
  8. IMG_1259
  9. IMG_5975_1
  10. DSCF4127
PAGE TOP