大ブームのフムスをアレンジ!超時短の裏ワザレシピ


unnamed

野菜を愛し野菜に情熱を注ぐ、熱い男たちの想いよ、届け! 柳澤零と植木俊裕の若き野菜の伝道師たちがつくる旬の野菜のポテンシャルを最大限に引き出した至極のベジレシピをご紹介!

● ● ●

長野県佐久市で地域産の食材を使った料理を提供するカフェレストラン「Maru Cafe」オーナー・柳澤零と、長野県佐久市出身で、グラフィックデザイナーの傍ら「Instagram」を通じて、野菜食を推奨する植木俊裕 (@utosh)。佐久で出会った2人の野菜の伝道師のハナシ。

utoshの名で「Instagram」で数多くのフォロワーをもつ植木俊裕さんは、いまや食系インスタグラマーで指折りの存在。自身が発起人となった「#とりあえず野菜食」のタグはいまや5万投稿を超える。本連載はそんな野菜マスターに教わる「男の野菜料理」を毎月お届けする。

● ● ●

2人のインタビュー記事はコチラ≫≫≫

■ニンジンと言えば…

ニンジン料理と言う事で、今回は色々と悩んだんですが、素直にニンジンを食べるのではなくて、フムスにアレンジするレシピを考えてみました。ヘルシーな食べ物として人気が出てきたフムス!基本的にはひよこ豆で作るのですが、大豆で作っても美味しいですし、色々な豆を使って作るのも良いですよね。今回は白インゲン豆の水煮を使って作ってみました。

ニンジンを加える事によって赤くなるのかな?と思いましたが、黄色くなりました。ニンジンの色素は芯の方とか特になんですが、黄色も強いんだなと思いましたね 笑
そんなわけでニンジンのフムスなんですが、ものすごく簡単なので、ぜひ作ってみてください!

 

utosh’s Recipe


ニンジンの白インゲン豆のフムス

■材料(3~4人分)

ニンジン……中サイズ1本 160g
白インゲン豆(水煮缶)……180g

レモン汁……大さじ2
オリーブオイル……大さじ3
ニンニク……1片
水……30〜50cc
塩……小さじ1

 

■作り方

皮をむいたニンジンを茹でやすい大きさに切る

ニンニクは細かく切っておく。

水煮缶の汁は捨てておく

unnamed2

鍋にニンジンを入れ、浸るくらいの水をいれて7分〜10分ほど茹で柔らかくなったのを確認して、ザルに上げる

フードプロセッサーやミキサーに材料全て(ニンジン、白インゲン豆、オリーブオイル、レモン汁、ニンニク、塩、水)を入れ撹拌する。水を加えながら堅さを調節する

器に盛り、オリーブオイルをまわしかけ、完成

unnamed1

 

 

 

DATA
LE CREUSET┃シグニチャー ココット・ロンド
18cm:1.8L/2.6kg 30,240円(税込)

962002_26_0

 

協力┃ル・クルーゼ ジャポン

 

 

utosh_2

Toshihiro Ueki

長野県生まれ。グラフィックデザイナーとして活躍しながら、インテリアサイト「TREE & TRUNK」を運営。仕事で培ったセンスを活かし「Instagram」で創造的な料理写真を投稿し続ける。「#とりあえず野菜食」の発起人。Instagram account @utosh

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. veg_002_rei_A

    アンデスレッドのジャガイモの焼きニョッキー 真夏の旬のトマトソース

  2. unnamed4

    パーティの主役!塊ラムで作る男のラムチョップ

  3. veg_002_utosh_B

    フライパンで作る野菜たっぷり、簡単夏パエリア

  4. IMG_5608

    ごはんが進む!カブとマッシュルームの味噌バター炒め

  5. veg_001_rei_F

    初夏の長野からズッキーニの便り

  6. 11・9

    フライパンでできる!ポカポカなスパイシーカレー

  7. about_top

    地産地消、地元食材へのあくなき探究心 01/02

  8. 02

    また来年! 最後の夏野菜で鶏肉×ピーマン×ナスのシンプルプラン

  9. veg_001_utosh_E

    ”ヤサイ人”が考えるキメの夏野菜料理 #ズッキーニ

新着

  1. choujikan-1211
  2. IMG_7304
  3. official_start
  4. セントル ザ・ベーカリー1
  5. roze01[1]
  6. moco_005-A
  7. ラインナップ
  8. IMG_7273 2
  9. 03071904_58be85c1cdfd4
  10. 15535066_1855320704752815_6785552950447046656_n

Pick Up

  1. choujikan-1211 12時間かける究極のカルボナーラ ~ねっとり濃厚、…
  2. resize こんなの欲しかった!インスタ発の”神食…
  3. 名称未設定2 桜エビとホタルイカが主役!夫婦ふたりで春の彩り食卓…
  4. choujikan-0720 6時間かける「究極の水炊き」~トロトロ濃厚スープと…
  5. pepe インスタ騒然!カッコ良すぎる男のバレンタイン

人気記事

  1. otokomatsuri Sponsored
  2. 15535066_1855320704752815_6785552950447046656_n
  3. 03071904_58be85c1cdfd4
  4. IMG_7273 2
  5. choujikan-1211
  6. roze01[1]
  7. moco_005-A
  8. セントル ザ・ベーカリー1
  9. IMG_7304
  10. ラインナップ
PAGE TOP