96時間かける「究極のかき氷」~濃厚シロップと濃厚ミルクの競演~


tyoujikan_recipe_top_kakigoori

最近の料理トレンドといえば時短と簡単。だが、時間と手間をかけてこそ到達する究極の味がある。何てことない定番料理が「ここまで美味しくなるのか!」と驚くことだろう。

脱・時短!男の長時間レシピ バックナンバー>>>

『究極のかき氷』

自家製イチゴシロップと自家製練乳を作るために96時間。市販の材料は一切使わず、すべて自家製で作る『究極のかき氷』は決して“いつもの”ではない。
透明な氷に濃厚なイチゴシロップと練乳が染み込んでいく様子は食べる前から夏の暑さを癒してくれる。自家製イチゴシロップの独特な甘酸っぱさに、ココナッツ風味の練乳の絶妙な甘味が混ざった味わいは一度食べればやみつきになること間違いなし。ただし、大量の砂糖を使っているので食べすぎにはご注意を。

13908828_801489716651924_815625062217414296_o

■材料(2人分)

水……適量
イチゴ……250g
砂糖……200g
きび砂糖……40g
ココナッツミルク……100cc
牛乳……100cc

■作り方

①イチゴシロップを作る96時間

13680111_801489639985265_2229228762460059730_o ヘタをとって軽く水で洗ったイチゴ250gを、グラニュー糖200gと一緒に保存瓶に入れ、フタをした状態で冷蔵庫の中で4日間ほど寝かせる。寝かせている間、菜箸で時々混ぜておくと早くシロップ状態になりやすい。

 

②氷を作る24時間

13925609_801489616651934_2566625251766417830_o 氷はできるだけ大きな塊になるようにする(自宅のかき氷機に合うサイズで)。専用の容器があればそれを使い、なければ牛乳パックなどを利用する。容器に水を入れて、急冷を避けるためにタオルで包み、冷凍庫の温度をできるだけ高く設定して、じっくり凍らせる。3分の1ほど凍ったら、水を捨て新しい水を加えて凍らせることで、透明な氷ができる。

 

③イチゴシロップを漉す10分

1保存瓶が写真の状態になったらイチゴシロップ完成。漉してかき氷にかけられる状態にしておく。

 

④練乳を作る1時間

13923678_801489649985264_9147959212297520509_o ココナッツミルクと牛乳各100gにきび砂糖40gを加え、弱火にかけ、25分ほどかけてとろりとしてくるまで煮詰める。これをボールに移し、氷をボールの底に当てて冷やす。

※沸騰させないように注意
※練乳に色を付けたくなければ白砂糖でもオッケー

 

⑤氷を削る1分

13923251_801489653318597_8429974650615506079_o冷凍庫から氷を取り出し、氷を食べる分量の半分程度削る。

 

⑥途中で練乳をかける1分

13920275_801489759985253_1829471447145033852_o 自家製練乳をお好みの分量かける。

 

⑦氷を削る1分

13668764_801489769985252_7077141732334299875_o 自家製練乳をかけた上にさらに氷を削る。

 

⑧イチゴシロップをかけて完成1分

13920421_801489779985251_953073979222569661_o 最後にイチゴシロップをかけて完成。イチゴシロップをかけた後、さらに氷を削ると見た目がより涼しくなっておすすめ。

オール自家製の「究極のかき氷」で贅沢な一休み

96時間をかけて作ったイチゴシロップで味わる独特な甘酸っぱさと本物のイチゴ感が満足感を高めてくれる。自家製練乳は市販の練乳と違い、お好みの練乳にアレンジできるのが魅力。

シロップも練乳も自宅で作れるのだ。市販のもので材料を揃えた、夏祭りで食べるようなかき氷も美味しいが、せっかっく家で作るならばオリジナルのかき氷を作ってみてほしい。きっと『究極のかき氷』によって、夏の楽しみがまたひとつ増えるだろう。

撮影┃溝口智彦

土屋敦┃Atsushi Tsuchiya

土屋敦┃Atsushi Tsuchiya

All About「男の料理」ガイド。本当においしい料理のレシピや調理法を伝える料理研究家として、雑誌、テレビ等多方面で活動中。最近の著書には『男のハンバーグ道』『男のパスタ道』『家飲みを極める』がある。

 

>>この連載のトップに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. taicha_main

    48時間かける 「究極の鯛茶漬け」 ~まろやかな脂、熱々の番茶で~

  2. choujikan-0998

    22時間かける「究極のチャーハン」 ~しっとりジューシー、溢れる肉厚チャーシュー~

  3. gohan

    4時間かける「究極の炊き込みごはん」~刺身用ボタンエビとホタテを贅沢使い~

    Sponsored
  4. choujikan-1211

    12時間かける「究極のカルボナーラ」 ~ねっとり濃厚、卵の誘惑~

  5. main

    6時間かける 「究極の豚の角煮」 ~染みる出汁、我慢の先にあるもの~

  6. 12476924_721099631357600_1047143474_o

    8時間かける 「究極の鶏の唐揚げ」 ~かぶりつきたい、抑えきれぬ衝動~

  7. main

    6時間かける「究極の冷やしナス」~冷やしすぎな夏の友~

  8. main

    171時間かける 「究極のコロッケ」 ~ふわとろクリーミー、新次元の舌触り~

  9. beef

    6時間かける「究極のビーフシチュー」~自家製ルーで大人の味わい~

    Sponsored

新着

  1. choujikan-0998
  2. s_加工_3
  3. 名称未設定3
  4. 18444940_302664156837612_9093126625322598400_n Sponsored
  5. IMG_8645-1
  6. 30th_London_063
  7. 01.家庭
  8. unnamed
  9. メイン画像
  10. IMG_9032

Pick Up

  1. choujikan-0998 22時間かける「究極のチャーハン」 ~しっとりジュ…
  2. choujikan-1211 12時間かける「究極のカルボナーラ」 ~ねっとり濃…
  3. resize こんなの欲しかった!インスタ発の”神食…
  4. 名称未設定2 桜エビとホタルイカが主役!夫婦ふたりで春の彩り食卓…
  5. choujikan-0720 6時間かける「究極の水炊き」~トロトロ濃厚スープと…

人気記事

  1. suihan
  2. IMG_9032
  3. メイン画像
  4. DSCN2030
  5. Img0504 Sponsored
  6. 18444940_302664156837612_9093126625322598400_n Sponsored
  7. DSCN1864
  8. 30th_London_063
  9. IMG_8645-1
  10. unnamed
PAGE TOP