8時間かける 「究極の鶏の唐揚げ」 ~かぶりつきたい、抑えきれぬ衝動~


tyoujikan_recipe_top_karaage_C

最近の料理トレンドといえば時短と簡単。だが、時間と手間をかけてこそ到達する究極の味がある。何てことない定番料理が「ここまで美味しくなるのか!」と驚くことだろう。

 

『究極の鶏の唐揚げ』

特製のマリネ液に8時間、骨付きの鶏モモ肉をじっくり漬け込む。八角、花椒の独特な香り、そしてショウガ、タマネギの旨味が鶏の隅から隅まで染み込んでいく。
体裁を保つため、フォークとナイフを“一応”用意するが、食欲をそそる香りときれいなキツネ色に揚がった姿に「かぶりつけ!」と本能が叫ばざるを得ない。ひとたびかぶりつけば肉汁が溢れ、心地よい香辛料の風味に舌が歓喜し、食べる手を休めることができない。
究極の鶏の唐揚げが“ただの骨”となるまでむしゃぶりついてしまうことだろう。

12751681_721099581357605_813369709_o

■材料(2人分)

鶏の唐揚げ
骨付き鶏モモ肉……2本
米粉……大さじ1+適量
サラダ油……大さじ1

マリネ液の材料
ショウガ……ひとかけ
タマネギ……半個
八角……少々
花椒……少々
醤油……大さじ2
煮切り酒……大さじ2

 

■作り方

①骨と肉を離す5分

12751893_721099524690944_2028646847_o鶏モモ肉は中心まで火が通りやすいように、骨と肉の間に指を入れて、骨に沿って指を進めるように骨と肉を離す。骨を引き抜く必要はない。

 

②マリネ液をつくる10分

12736995_721099518024278_1897590490_oショウガ、タマネギはすりおろし、その他のマリネ液の材料と一緒にストックバックの中に入れる。

 

③鶏肉を揉む1分

12754890_721099531357610_965023070_oマリネ液が入ったストックバックの中に鶏肉を入れて、軽く揉む。

 

④マリネ液につけた鶏肉を密封して寝かせる8時間

12516735_721099571357606_1114273293_oストックバックの端を1cm程度開けた状態で、中に水が入らないように、水を張ったボウルに沈める。水圧でストックバックの空気を押し出した後、しっかりと密閉して8時間以上冷蔵庫で寝かせる。

 

⑤鶏肉の水気を拭き取って、米粉をつける10分

12737125_721099534690943_638555675_o寝かせた鶏肉を取り出したら、キッチンペーパーでしっかりと水気を拭き取る。水気を拭いた後、一度たっぷりと米粉をつけ、余分な米粉をしっかり叩いて落とす。

ポイント
小麦粉ではなく米粉を使うことで、よりさっくりとした仕上がりになる。

 

⑥鶏肉に油を塗って焼く15分

12751834_721099618024268_924321757_o

皮目に米粉と油を混ぜたものを塗る。油をまんべんなく塗り終えたら、皮目を上にして、250度に予熱したオーブンで10分焼く。

 

⑦余熱で10分火を通して完成10分

12722438_721099628024267_1731723175_o焼き終わえたら、オーブンに入れたまま、さらに10分余熱で火を通して完成。

 

8時間かけて浸透するマリネ液

●長時間じっくりと特製マリネ液に漬けておくことで、味と香りがしっかり染み込むことはもちろん、タマネギの酵素効果で肉のタンパク質を分解され、肉が柔らかくなる

撮影┃溝口智彦

土屋敦┃Atsushi Tsuchiya

土屋敦┃Atsushi Tsuchiya

All About「男の料理」ガイド。本当においしい料理のレシピや調理法を伝える料理研究家として、雑誌、テレビ等多方面で活動中。最近の著書には『男のハンバーグ道』『男のパスタ道』『このレシピがすごい』がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. main

    8時間かける 「究極のハンバーグ」 ~溢れる肉汁、膨らむひと切れ~

  2. choujikan-0720

    6時間かける「究極の水炊き」~トロトロ濃厚スープと鶏3兄弟~

  3. 12986707_752172101583686_827448490_o

    10.5時間かける 「究極のボロネーゼ」 ~味と食感の宝箱、最高のひとくち~

  4. gohan

    4時間かける「究極の炊き込みごはん」~刺身用ボタンエビとホタテを贅沢使い~

    Sponsored
  5. taicha_main

    48時間かける 「究極の鯛茶漬け」 ~まろやかな脂、熱々の番茶で~

  6. french_main

    25時間かける 「究極のフレンチトースト」 ~香るバニラ、偽りなきふわふわ~

  7. beef

    6時間かける「究極のビーフシチュー」~自家製ルーで大人の味わい~

    Sponsored
  8. choujikan-1211

    12時間かける「究極のカルボナーラ」 ~ねっとり濃厚、卵の誘惑~

  9. 12919466_745876748879888_1342738417_o

    9時間かける 「究極のポテトフライ」 ~甘さ120%、サクホクが止まらない~

新着

  1. choujikan-0998
  2. s_加工_3
  3. 名称未設定3
  4. 18444940_302664156837612_9093126625322598400_n Sponsored
  5. IMG_8645-1
  6. 30th_London_063
  7. 01.家庭
  8. unnamed
  9. メイン画像
  10. IMG_9032

Pick Up

  1. choujikan-0998 22時間かける「究極のチャーハン」 ~しっとりジュ…
  2. choujikan-1211 12時間かける「究極のカルボナーラ」 ~ねっとり濃…
  3. resize こんなの欲しかった!インスタ発の”神食…
  4. 名称未設定2 桜エビとホタルイカが主役!夫婦ふたりで春の彩り食卓…
  5. choujikan-0720 6時間かける「究極の水炊き」~トロトロ濃厚スープと…

人気記事

  1. suihan
  2. IMG_9032
  3. メイン画像
  4. DSCN2030
  5. Img0504 Sponsored
  6. 18444940_302664156837612_9093126625322598400_n Sponsored
  7. DSCN1864
  8. 30th_London_063
  9. IMG_8645-1
  10. unnamed
PAGE TOP