インドが本気で作っている40万円の超コンパクトカーが、けっこう使えそうだ

国沢光宏
国沢光宏All Aboutガイド自動車評論家

我が国は軽自動車の税負担を増やすため一回り小さいクルマの規格作りをしようとしており、自動車メーカーもイヤイヤ付き合っている。自動車メーカーのヤル気の無さは話をすればすぐ解ります。だって軽自動車より小さくてエアコンもなくて衝突したらアウツのクルマを軽自動車より高い価格で提案してますから。

 

http://kunisawa.net/wp-content/uploads/2015/11/11141t.jpg

 

一方、インドはホンキでコンパクトカーを作っている。写真の「マルティックス」というモデル、何と頒価3670ドルだという。おおよそ40万円。全長3235mm×全幅1585mmのボディに510cc単気筒10馬力のディーゼルエンジンを搭載し、後輪を駆動してます。こんなクルマなら、基本的に大型車をシャットアウトした都市部や農村部などとしちゃ最高かもしれない。

 

http://kunisawa.net/wp-content/uploads/2015/11/11143t.png

2015年11月17日

アクセスランキング

人気ランキング

FacebookNewsDig Facebookページ

TwitterNewsDig Twitterアカウント

話題のニュースを鋭く斬った最新コラムをお届け