Human dept. スゴイ人、そろってます。

「その道のプロ」のルーツを探る ガイドの原点−origin-

vol.056

住まいを考えることは生き方、人生を考えること。
歴史の上に街はあり、自分たちの暮らしが将来の街を作っていく

不動産業界に長く関わり、住宅関連の書籍や雑誌などの編集やセミナー講師に携わる中川さん。街歩きを愛し、住みやすい街について情報発信を続けている中川さんの、ガイドの原点を探った。

「住みやすい街選び【首都圏】」ガイド 中川 寛子

文/宗像陽子 写真/須藤明子

街の情報を読み解きながら歩く

楽しみながら街を歩く。ただし漫然と歩くわけではない。
高いところには上り、上から街全体を眺める。
道に傾斜があれば、かがんで傾斜をはかり、なぜ傾斜があるのか理由を推し量る。地盤が変わっているにはわけがあるのではないかと歴史を探る。

手軽に持ち運びできるカメラを愛用

歴史を示す看板や標識ももちろん見逃さない。
商店街を行けば、五感を駆使して活気があるかどうか探る。
「街自体が発している情報も見逃しませんよ。街を歩けば、なんでもわかります。年寄りに向いている街なのか、若者を歓迎する街なのか、どんな人に来て欲しいと思っている街なのか。歩いている猫だって街によって趣が違いますからね」と笑う。
こうして土地の生きた情報を、次から次へと文字にして紡ぎ出す。

常に携帯している防災グッズ。自宅から20キロ以上離れるときはさらにアーミーナイフ、手回しラジオ、手ぬぐいを追加する

ライフワークとして記事を書く

All Aboutで記事を書き始めたのは2005年から。「住みやすい街選び(首都圏)」ガイドとしてデビュー。高校時代から続けていたフィールドワーク経験を生かせるというのが、そのテーマを選んだ理由だった。
10年以上All Aboutに記事を書いていることについて伺うと「楽しいんです」とのお答え。好きなことを書かせてくれる。それは、自分が疑問に思ったこと・興味持ったことなどを、時間をかけ、長期的に考えながら調べ、学んで行けるということでもある。ライフワークとして続けていけるということだろう。

長く記事を書いていることで、ガイド仲間も増えた。たとえば東京スリバチ学会に入会し、様々な得意分野の人と街歩きをするようになったことは、収穫だった。全く違う専門分野の人と歩くことで街の景色も違って見え、視野が広まったと感じている。
注)東京スリバチ学会
東京の谷を気ままに歩き回る会。丘に登って谷を眺めることもあり。
https://www.facebook.com/pages/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%81%E5%AD%A6%E4%BC%9A/244418162281909

歴史の上に街があり、人の暮らしが将来の街をつくる

歯に衣着せず物申すスタイルは、昔から。不動産情報のプラス面もマイナス面も発信することで、消費者に、考え、選択することを求める

住まいを考える上で、まだまだ「地形」や「地盤」にまで考えが及ばない人も多いが、中川さんはその大切さをずっと訴えてきた。そして自身の主張と、世の中の流れが最近少しずつ重なってきた手応えを感じている。
そのひとつが地形図だ。ここ数年で地形の凸凹、新旧がよりわかりやすく表示される地図が出てきた。色分けした地図で見れば土地の高低、新旧などは一目瞭然だ。スマホ対応でGPS機能がついたものもあり、我々素人にとっても今立っている地形の状態がひと昔前よりずっとわかりやすくなってきた。

「歴史や地形は今の街を作っているからとても大切な情報です。では、将来の街は?自分たちの暮らしが将来の街を作るんです。街を作るのはやはり、人。将来の街を住みやすくするのは自分たち自身ということを忘れてはいけませんね」

今後はさらにジャンルを超えていろいろな人に会ってみたいと語る中川さん。「不動産業界で固まるのではなく、さまざまな業種の人とコラボを実現したほうが効率的にできることもある」と感じている。
やりたいテーマは山のようにある。行きたいところも会いたい人もたくさんだ。
「10年たってもきっと私はセカセカと歩き回っていると思いますよ」
そうにこやかに言って、中川さんはきちんとお辞儀をして、スタスタとまっすぐ駅に向かって歩いていった。

All About「住みやすい街選び【首都圏】」ガイド 中川  寛子 

住まいと街の解説者。街選びのプロが地盤、地形、歴史から街を紹介。30年以上住まいの雑誌編集に携わる経験を生かし、実際に歩いて集めた街情報を発信している。


ガイドのお気に入りの記事

理由は江戸時代に。金持ちはナゼ高いところに住む?
地形と歴史がその街の現在を作り、住む人が未来を作ると思っているが、その考えをまとめた最初の記事。

「住みやすい街」ってそもそもどんな場所?
「住みやすい」の観点を少し変えてみた記事。

安全な街選びの第一歩、首都圏の地形を知る
地形、地盤関連の記事の基本。上記2本とは違い、これがベストというわけではないものの、東日本以降の記事の中では分かりやすいかと思う。

Previous

  • 1
  • 2

Info

All About Human dept.とは、「人」にフォーカスし、人間が持つおもしろさを追求するウェブメディアです。様々な分野から、自分のスタイルを持ち、第一線で活躍している「その道のプロ」たちをご紹介します。