Human dept. スゴイ人、そろってます。

「その道のプロ」のルーツを探る ガイドの原点−origin-

vol.054

家事は奥深くて、面白い。誰にでもはまるポイントが必ずあるはず。
だから多面的な楽しさを伝えたい。

「家事ガイド」の毎田さんは、家事アドバイザーであり、ハウスクリーニングやハーバルセラピストの認定資格を持つという。家事ならなんでもお任せあれ、部屋にはチリひとつない完璧な「主婦の鑑」なのか?それとも「家事」は苦手だったのか?それなら、なぜ「家事」のスペシャリストになったのか?さまざまな疑問を解くべく、毎田さんのお宅へ伺った。

「家事」ガイド 毎田 祥子

文/宗像陽子 写真/須藤明子

「素人が疑問を解決していくスタイルって、当時は珍しかったんですね」

「All Aboutだから、
続けることができた」

All Aboutガイドを始めて10年以上がたつが、その10年は毎田さんにとって順風満帆なものではなかった。
初めての子を妊娠3カ月のときに、実家のお母様が急死。「宅急便を送ったわ」という電話の翌日のことだった。そしてその後お父様も亡くなる。頼るものもない中での出産、そして育児。何も手につかない時期。そして、何かやっていなければ立ち直ることもできなかった時期。
「そんな時期につかず離れずゆるやかな距離を保ちつつ、見捨てずにいてくれたAll Aboutに感謝です」という毎田さんは「All Aboutでなければ、家事アドバイザーとしての活動は続かなかったかも」と感じている。
All Aboutとの付き合いもすでに10年を超え、担当プロデューサーとの付き合いも8年となり、二人三脚の息もぴったり合っているようだ。

家事のどこに面白さを感じるかは人それぞれ

長いこと、家事についての記事を書き続けるということは、ネタがなくなったりしないのだろうか?伺うと「家事と言ってもさまざま。商品の多様性、進歩、広がり、奥行きの深さ、社会や環境の変化は尽きることはありませんね」ときっぱり。

「絵で見て覚える 図解 包み方・たたみ方大事典」という本も監修。All Aboutでは身近のもののたたみ方の記事をアップしている

「家事は面白い」と毎田さん。「面白いと思うポイントは人それぞれ」という。
「バリバリのビジネス脳の人から見れば、段取りがすごく大切なところが楽しいと感じるかもしれないし、技術力がないけど理屈が好きな人は科学的な部分で楽しいと思うかもしれない。あるいは、面倒な家事は嫌いという人は、ポイントを押さえれば快適な環境が実現することに喜びを感じるのでは。なるべく多面的な楽しみを伝えて、各々が自分に合った楽しみ方をチョイスしてもらえればいいなと思っています。そして、主婦だけではなく夫も子どもも楽しむことで、もっと家事は楽しく、個人の自立を促すものに変わっていくと思います」

毎田さん自身は、いろいろな家事のやり方を学ぶ中で「おばあちゃんの家事」や「日本の伝統的な家事」というものに関心を寄せてきた。お母様が当たり前のようにやっていた家事の知恵を知るにつけ、将来は日本的な家事のすばらしさを世界に向けて発信できればと感じている。

All About「家事」ガイド 毎田祥子

家事アドバイザー。生協等で家事や全国の生産者への取材を重ねた後、NPOハウスクリーニング協会や、JAMHAハーバルセラピスト、AEAJアロマアドバイザーの資格取得。著書『いつのまにか家事上手になるシステム家事のすすめ』、監修『おばあちゃんの歳時記暮らしの知恵』など。雑誌・新聞の監修・執筆などマスコミ出演多数。


ガイドのお気に入りの記事

キャベツの芯、育って1玉になりました!
以前All Aboutにあった「共働きの家事」というコンテンツから「家事の知恵」ガイドへ代わり、ゆるりとした家事を色々と試しているうちにハマった「残り野菜の再生」。まさかの1玉″には自分でもびっくり。某テレビで編集された、子ども(当時2歳)の成長と重ね合わせた映像はわが家の家宝に!?

上手な家事分担が愛し愛される理由
「共働きの家事」ガイドとして最後のお仕事になった記事。10年ほど前の内容ですが、家事分担をめぐる事情は世代による考え方が多少変化しているもののあまり変わらないなぁなんて思いながら懐かしく読み直しました。

今すれば年末がラク♪11月の家事ごよみ
家事の各種テクニックのお悩み追究が大好きな私ですが、つまるところ家事は季節と密接に結びついているのだなぁと切に感じます。季節に寄り添いながらの家事ごよみを紹介する記事は毎月とても楽しかったことを覚えています。またやりたいなぁと思います。

Previous

  • 1
  • 2

Info

All About Human dept.とは、「人」にフォーカスし、人間が持つおもしろさを追求するウェブメディアです。様々な分野から、自分のスタイルを持ち、第一線で活躍している「その道のプロ」たちをご紹介します。