Human dept. スゴイ人、そろってます。

「その道のプロ」のルーツを探る ガイドの原点−origin-

vol.044

自分に合うサロンが見つかれば必ずキレイになれる!あなたを美しくするサロンを見つけてさしあげましょう

パンチの利いた文章で、女性の美心をわしづかみにする「エステ・美容医療」ガイドの惣流さん。ストレートなコメントは、切れ味抜群。3000を超える実体験から紹介されるエステは、本当におすすめのところばかりと評判だ。エステ、美容医療について隅から隅まで知り尽くす惣流さんに、今回特にエステサロンについてお話を伺った。

「エステ・美容医療」ガイド 惣流 マリコ

文/むなかたようこ 写真/平林直己

当たりはずれの多いエステサロン

抜群のプロポーションに薄手のワンピースを身にまとい、惣流さんは颯爽と現われた。その肌には一点のシミすらなく、無駄のない語り口と底抜けの明るさにパッとその場の雰囲気が華やいだ。

惣流さんのエステ初体験は、高校時代のこと。「気持ちいいなあ」と思って以来、なんとのべ3000を超えるサロンに足しげく通うこととなる。優良サロンを探すうちに気付いたことは、「エステサロンってどうしてこんなに当たり外れがあるの?」という驚きだった。

エステに通い始めたころ、熱心に読みこんでいた雑誌や本。次から次へと掲載されているお店に通った。

惣流さんによれば、エステサロンというのは、バブルの頃は全国にチェーン展開するような大手サロンがほとんどで、そこで修業を積んで意識の高い人が独立するのがよくあるパターンだったと言う。だから、個人サロンは比較的質が高いというのが定石だった。ところが美容業界以外から脱サラして個人サロンを開く人が増え、技術が伴わない人、プロ意識に欠ける人などが開設するサロンが散見されるようになってきた。

その結果、個人サロンであろうと大手であろうと、質のよいサロンと悪いサロンが玉石混交の状態が現状だという。

「美容クリニックに比べて、特にエステサロンは実際に行ってみなければそのよしあしがわかりにくいですね」と惣流さん。「そこに私の存在価値があるんです」とニコリ。今でも年間300近いエステに通い、All Aboutで読者におススメできるところだけを記事にしている「美を追求する女性の真の味方」、それが惣流さんである。

その仕事ぶりは真剣勝負。顧客目線でとことん目を光らせる

港区に生まれ育ち、子どものころから親や祖父母に愛情をたっぷりかけて育てられた惣流さんは、正真正銘のお嬢様。しかし、気楽にエステに通い、自分好みの店をご紹介かと思いきや、惣流さんの仕事ぶりは、プロに徹している。取材前の段階で、まずは新しいエステサロンに行ってみて、取材に値するサロンかどうかを確かめているという。

超高級携帯VERTUは、ルックスが大好きでお気に入り。ブランドの日本撤退後は海外で買うほど。現在は覆面調査用と極秘用で所持♪レアなエヴァンゲリオン携帯は仕事連絡用。

確かめるのは技術だけではない。施設の中の掃除は行き届いているか。マシーンは安全に効果が出るもの、最新のものを入れているか。接客では、スタッフに笑顔はあるか。うまく顧客のニーズを導き出すカウンセリングはできているのか。コスメはどんなものを使っているか。それらがすべて整って初めて「取材していいエステサロン」のお墨付きがつく。スタッフの多いところでは、何人かのスタッフに施術をしてもらい、スタッフ間でサービスにムラがないかどうか確認するという徹底ぶり。だからこそ、All Aboutで掲載されている記事はすべて本当に優良サロンであり、人気の要因はそこにある。

そこまで優良エステサロンを探すことに情熱を傾けるモチベーションはどこから来るのだろうか?

「だって、エステって、施設、技術、笑顔、マシーン、コスメ、すべてが整って初めて成り立つ『美の総合芸術』。誰でもその目的に合うところに行きさえすればキレイになれる芸術的なところなのに、せっかくお金を工面して行ってはずれのサロンにあたってしまったらガッカリしちゃうでしょう?」。

そ、それはそうですけれども!一般庶民はただただ、惣流さんのおすすめしてくれる記事がアップされるのを心待ちにするばかりである。

  • 1
  • 2

Next

Info

All About Human dept.とは、「人」にフォーカスし、人間が持つおもしろさを追求するウェブメディアです。様々な分野から、自分のスタイルを持ち、第一線で活躍している「その道のプロ」たちをご紹介します。