Human dept. スゴイ人、そろってます。

「その道のプロ」のルーツを探る ガイドの原点−origin-

vol.038

なぜ恋愛がうまくいかないのか。トンネルの中で迷う人へ届くメッセージを送ります

いい人なのに恋愛下手。なぜうまくいかないのだろう?そんな人のために書かれる相沢さんのコラムは時にウィットに富み、時に愛情にあふれ、読後は元気がもらえると人気です。相沢さんのガイドの原点とは

「恋愛」ガイド 相沢 あい

文/むなかたようこ 写真/平林直己

ぷーぷー

愛猫メインクーン「ぷーぷー」。猫と過ごす時間が、相沢さんにとって至福のひととき。

恋愛相談からコラムニストへ

アーモンド型の大きな瞳に、筋の通った鼻。口角はきゅっと上がっていて、サラリとしたロングヘアーがふんわりと肩を覆う。やさしそうな印象でもあるし、芯の強さも垣間見える不思議な魅力を持つ相沢あいさん。傍らにいる飼い猫のメインクーン「ぷーぷー」と、そういえば雰囲気は似ているかもしれない。

「恋愛ガイド」って恋愛のスペシャリスト?失礼を承知で伺うと、「いえいえ」とにこやかに笑いながら「人と話すのが好きなんです。昔から、なぜかよく恋愛相談を受けるんですよ」とのこと。やさしいお姉さん的な雰囲気を醸し出しているせいか、それとも実際に長女として弟妹の面倒をよく見ていたせいか、恋愛相談を受けることが多かったという。

10代、20代にかけてはモデルの仕事もこなした。いただいた仕事は何でもありがたく全力投球。

高校のころから各種媒体に記事を書いていたというから、すでにライター歴は長い。その中でも徐々に恋愛に関する記事が、よく読まれ、求められるようになってきた。

7年ほど前、モバイルサイトの恋愛コラム執筆の仕事が来たときに、当時はまだ珍しかった「恋愛コラムニスト」という肩書きを初めてつけた。そのコラムを読んだAll Aboutのプロデューサーにスカウトされ、All Aboutの「恋愛」ガイドとなる。「当時住んでいたマンションが、All Aboutと同ブロックにあったんです。これもご縁だなと感じました」

実は、ライターだけではなく芸能関係の仕事をしていた時期もある。「仕事とは、自分を必要としてくれる人がいて成り立つもの」と考えている相沢さんは「自分が必要とされていると感じられるから、いただいた仕事はすべて好きだし、ありがたいです。けれど、少しずつ必要とされる分野は変わってきたのかもしれません」とちょっと考えながら語る。

人から必要とされ、そこで全力を尽くす。その中で少しずつ自分も取捨選択をして前に進んでいく。決断の最終決定はいつも自分。だから常に後悔はない。と書けば、迷いのない人生のようだが、そうではない。相沢さんには、大きなコンプレックスがあった。

Next

Info

All About Human dept.とは、「人」にフォーカスし、人間が持つおもしろさを追求するウェブメディアです。様々な分野から、自分のスタイルを持ち、第一線で活躍している「その道のプロ」たちをご紹介します。