クレジットカード/クレジットカード関連情報

ブラックカードが年会費を値上げ!

限度額が無制限のアメックスのブラックカード(センチュリオンカード)が、突然、年会費を16万8000円から36万7500円へと2倍以上に引き上げました。その理由は一体何だったのでしょうか。真相と波紋を追います。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2倍以上に年会費を引き上げ!本当に元が取れるのか?

鉄マイラー
クレジットカードは数あれど、ブラックカードは憧れ。いつかは持ってみたいと思う人も多い。
日本でブラックカードといえば、アメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードといえるでしょう。選ばれた人しか持てないというので、相変わらずの人気になっていますが、このカードの年会費が4月に大幅値上げになったことをご存じですか。いままで年会費16万8000円だったものが2倍以上の36万7500円になったのです。36万7500円ですよ。これでこのカードはますます高嶺の花になってしまいましたね。

値上げの理由は世界のレベルに合わせるため!

値上げになったのは、日本の会費がもともと低かったことがあります。ほかの国では昨年までにすでに30万円台に値上げされているところが多いのです。米国でも2500ドルと30万円近かったのです。

今回の年会費の大幅アップで、今後の日本でのカード発行がどうなるのかまだ分かりませんが、ひとついえるのは、そもそも37万円近くの会費に音を上げるようでは、センチュリオンのホルダーの資格はないということでしょう。高額の年会費を補って余りあるサービスの質の高さと、それにも増してブラックカード・ホルダーであるというステータスこそがセンチュリオンの魅力なのですから。

会員のどんな我が儘にも対応するのがアメックスの思想!

たとえば、コンシェルジュサービスでは、公序良俗に反しない限り、ホルダーのどんな我が儘にも応えるというのが、根本の思想となっています。365日、24時間体制で、航空券の手配やホテルの予約などはもちろん、買い物の代行までやってくれ、果ては、旅行先で「女房にジュエリーをプレゼントしたい」程度のリクエストで、こちらの要望にマッチするような品物を見つけてきてくれるなど、まさにかゆいところに手が届くサービスをしてくれます。

ホテルの予約でも日本ならウェスティンホテル、フォーシーズンズ椿山荘など、海外ならペニンシュラやマンダリンオリエンタルホテルなど最高級クラスのホテルの部屋が優先的にリザーブでき、さらに一般料金で無料でスウィートルームにアップグレードできるのです。

飛行機の座席にも特別サービスがあります

更新日:2008年05月31日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する