外貨預金・外貨MMF/外貨投資関連情報

外貨預金、為替手数料比較

日本の経済も先行き不透明。円以外への投資をお考えの方も多いはず。今回は外貨預金の際の為替手数料の比較を行います。

執筆者:大寺 由紀子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

円資産の先行きが不透明な今日この頃、多少なりとも外貨資産に興味をお持ちの方が多いのではないでしょうか?銀行で外貨資産運用といえばまず思いつく商品が「外貨預金」。ほとんどの銀行では、ネットバンキングでの取り扱いも行っており、「外貨預金」は身近な資産運用手段となりつつあります。

先月の「あなたの一票」で興味のある外貨についてのアンケートをとりましたが、今、最も注目されている通貨は「ユーロ」という結果になりました。

外貨預金はその金利の高さが注目されがちですが、忘れてはならないのが「為替手数料」。もっとも金利及び為替手数料は、為替変動リスクに比べれば運用に与える影響はたいして大きくないともいえますが…。

下記は、大手銀行の米ドル及びユーロの為替手数料(片道)を比較したものです。




各行の外貨預金の詳細はこちらから。

更新日:2002年12月08日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する