仕事・給与/仕事・給与関連情報

こんな会社は即退職!今すぐ転職活動を!

働くことは大切です。しかし、自分がダメになるような職場で無理して働くことはありません。こんな会社は早く辞めたほうがあなたのため! またその事前対策を考えます!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職が遅いほどあなたのマネープランは損をする!

追い詰められているアナタ!我慢して耐え続ける以外にも解決方法があります!

さて、今回のテーマは「こんなときは、即、退職!」という話題です。読売ウイークリーという雑誌がありますが、先日の特集を読んでいたら、いかに若者がひどい状態で働かされているか、というお話が紹介されていました。あまりにも耐えられず、自殺してしまった方の事例なども紹介されており、身につまされるものでした。

そこで、今回は「こんな会社なら、あなたは辞めていいんだ!」という背中を後押しするような記事を書いてみようと思うのです。というのは、マジメな人ほど「私はもっとがんばらなくちゃ!」とか「もっとガマンしなくちゃ」と言い聞かせるあまり、追いつめられてしまうからです。

私個人の例を先に述べますと、2つの会社に勤めてそれぞれ理由があって転職を決意しました。今になってみれば、それぞれの会社で学んだことは今の自分にプラスになっていることは強く感じますし、その点では当時の会社に感謝しています。でも、それはそれとして、やはり当時がんばって働きすぎてしまったため、かなりしんどい状態まで自分を追い込んでしまったなあとは思います。当然、体調にも悪影響が出ますし、周囲にもいろいろ迷惑をかけてしまったりします。

煮詰まっていたそのとき、一人で抱え込んでいても仕方ありません。誰かに相談することで、「ああ、転職という方法もあるのか」と決断できた部分も大きいと感じています。それは両親や家族であったり、友人であったり、お世話になっている方であったりしますが、やはり誰かに背中を押してもらったり、同意してもらえることはとても助けになるのです。

また、「もっと早く辞めておけばよかった」というのはマネープランにおいても大きなデメリットです。仮に年収がアップする転職を実現できれば、早く転職していればその分もっと稼ぐことができたわけですから、判断を遅くするほど損をします。仮に収入が変わらなくてもストレスが減ったり健康状態が改善する転職なら医療費等の分、あなたの家計が改善するかもしれません。

私のコラムを読むことが、今仕事でしんどい状態にある人にどれだけ助けになるかは分かりませんが、「こんな状態で働くなら転職すべき」と「いつでも辞められるために何を準備すべきか」について考えてみたいと思います。

(目  次)
  こんな状態で働くなら転職すべき!
  いつでも辞められるために何を準備すべきか
  辞めさせてもらえないは間違い!「辞めるときは辞める!」

→こんな状態で働くなら転職すべき! 次ページへ!

更新日:2007年07月31日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    26

    この記事を共有する