Windowsの使い方/Windowsのファイル・フォルダ

フォルダの開き方を指定する

通常の操作でフォルダを開くたびに新しいウィンドウを作成するように設定します。

執筆者:酒井 雄二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ファイル/フォルダ】

フォルダを別ウィンドウで開くの項で解説したように、Windows の標準設定では、新しいフォルダを開くと前のフォルダのウィンドウが閉じてしまいます。以下の設定をすると、ダブルクリックだけでフォルダを開くたびに新しいウィンドウを作成するようになります。

まず、フォルダの[ツール]メニュー→[フォルダオプション]をクリックします。

[フォルダオプション]をクリックすると、次のダイアログボックスが表示されます。ここで、[全般]タブにある[フォルダを開くたびにウィンドウを作る]ボタンをオンにしてから、[OK]ボタンをクリックします。

以上の設定をしておいて、フォルダを開くたびにウィンドウを作成したくない場合は、[Ctrl]キーを押しながらフォルダをダブルクリックします。

【手順のまとめ】

 1)[ツール]メニューをクリックする。

 2)[フォルダオプション]をクリックする。

 3)[フォルダを開くたびにウィンドウを作る]をオンにする。

 4)[OK]ボタンをクリックする。

【関連リンク】

フォルダを別ウィンドウで開く

ファイル/フォルダを隠す

[SendTo]フォルダを探せ!

すべてのファイルを表示する

(酒井雄二郎)

更新日:2005年07月07日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する