Windowsの使い方/Windowsの使い方関連情報

キーボードでウィンドウを移動

ウィンドウがデスクトップからはみ出してマウスで操作不能になったとき、このワザが役に立ちます。

執筆者:酒井 雄二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ウィンドウ】

画面の解像度を変更した場合、ウィンドウのタイトルバーがデスクトップからはみ出してしまい、ウィンドウを移動できなくなってしまうことがあります。こんなときは、キーボードでウィンドウを操作できるワザが役に立ちます。

まず、ウィンドウを選択して、[Alt]キーを押しながら[スペース]キーを押します。

メニューが表示されたら、[移動]を選択します。すると、十字の矢印ポインタがタイトルバーに表示されます。

これで、ウィンドウを移動する準備はできました。キーボードの上下左右の矢印キーを押すと、ウィンドウを移動できます。任意の位置でウィンドウを固定するときは、[Enter]キーを押します。

なお、[Ctrl]キーを押しながら矢印キーを押すと、ウィンドウ移動をドット単位で微調整できます。

【手順のまとめ】

1)[Alt]キーを押しながら[スペース]キーを押す。

2)メニューが表示されたら[移動]を選択する。

3)矢印キーでウィンドウを移動する。

4)[Enter]キーを押すと移動が完了する。

【関連リンク】

新しいウィンドウを開く

複数のウィンドウを操る

スクロールの方法を指定する

キーボードでウィンドウを操作

キーボードでウィンドウを操作 2  

更新日:2005年05月16日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    7

    この記事を共有する