Windowsの使い方/Windowsの起動・終了

XPのクイック起動を極める(前編)

ちょっとしたカスタマイズで、Windows XPの[クイック起動]ツールバーを使いやすい「プログラムランチャー」に変身させます。よく使うアプリケーションがタスクバーからワンクリックで起動できます。

執筆者:酒井 雄二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<Index>
タスクバーの固定を解除する
[クイック起動]ツールバーを表示する
ツールバーをデスクトップに移動する
アイコンを大きくする
アイコンを追加する

オンラインソフト の人気ユーティリティの一つにプログラムランチャーという分野があります。このソフトを使うと[スタート]メニューを開かなくても、アプリを簡単に起動できるようになります。

しかし、Windows にも[クイック起動]ツールバーが標準装備されています。これを少しカスタマイズするだけで、専用のユーティリティに劣らないほど使いやすく変身させることができます。

前後2回に渡り、[クイック起動]ツールバーを使いやすくする方法を解説します。

  タスクバーの固定を解除する <Indexに戻る>

まず、[クイック起動]ツールバーを自由にカスタマイズできるように、タスクバーの固定を解除します。タスクバーを右クリックして、メニューが表示されたら[タスクバーを固定する]のチェックを解除します。


これで、タスクバーやツールバーの移動、幅の調整などができるようになりました。

 
[クイック起動]ツールバーを表示する <Indexに戻る>

Windows XPの標準設定では、タスクバーに[クイック起動]ツールバーが表示されていません。表示するように設定しましょう。まず、タスクバーを右クリックして、メニューが表示されたら[プロパティ]をクリックします。



1 / 2 / 3 次へ>>

更新日:2003年06月14日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する