ハワイ/ハワイ基本情報

ハワイ時差ぼけ解消術

ハワイ到着後、突然襲ってくる眠気と疲労の時差ぼけ。限られた滞在時間を十分楽しむために、時差ぼけを軽く、早く解消する方法とハワイ1日目の過ごし方をリピーターに聞きました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなどうしてる? ハワイ旅行の時差ぼけ対策・解消術

時差ぼけと睡眠不足で、ワイキキビーチを眺めることなくハワイ初日が終わらないように……

時差ぼけと睡眠不足で、ワイキキビーチを眺めることなくハワイ初日が終わらないように……

日本からハワイ、アメリカ方面への東行きフライトが最もつらいといわれる時差ぼけ。さらに、睡眠不足のまま朝のハワイに到着しても、ホテルチェックインは午後という過酷なスケジュールが追い打ちをかけます。限られた滞在時間を十分楽しむには、この時差ぼけ・睡眠不足をいかに軽く、早く解消するかがカギ。そこで、ハワイリピーター10組に、時差ぼけ解消法とハワイ1日目の過ごし方を聞いてみました。

機内では、とにかく寝る!

間もなくハワイに到着。2回の機内食時間を除くと、睡眠時間は3時間ほど

間もなくハワイに到着。2回の機内食時間を除くと、睡眠時間は3時間ほど

日本とハワイの時差は、19時間。つまり、「ハワイ時間=日本時間+5時間-1日」で、この5時間が体内時計を狂わせることに。夜に日本を出発して朝到着するハワイ便の場合、夜が5時間短くなるワケです。よって、時差ぼけを少しでも軽くするために、機内ではとにかく寝るのが一番。例えば、20時に日本を発つ便がホノルルへ到着するのは、日本時間の深夜 2~3時(ハワイ時間の朝7~8時)。約7時間のフライトの中、どれだけ仮眠できるかでハワイ1日目の体調が違ってきます。

リピーターの中には、搭乗前に夕食を済ませ、機内食は食べずに睡眠に当てるという人や、 出発3~4日前から早寝・早起きをして機内で眠れるよう時間調整をするファミリーもいました。

まずはホテルへ直行、荷物を預けて身軽になろう

空室状況により、早めにチェックインできることも

空室状況により、早めにチェックインできることも

ホノルル空港到着後、個人旅行者はホテルへ直行。ツアー参加者もワイキキへ移動して滞在中の簡単な説明の後、ホテルへ。ただし、ホテルのチェックインは通常15時。この時間までの過ごし方が時差ぼけを軽くする2つ目のポイントです。

まずは、フロントでレジストレーション(宿泊登録:住所、氏名等をカードに記入)を済ませ、荷物を預けましょう。その際、何時にチェックインできるかを確認。部屋の準備ができていれば、15時前にチェックインできることもあります。

 

更新日:2013年03月25日

(公開日:2007年07月31日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    12

    この記事を共有する