イタリア/カプリ島他南イタリア

自力で青の洞窟!カプリ島青の洞窟一部始終

世界遺産のカプリ島青の洞窟。一度は行って見たい観光スポットの王者です。そんな青の洞窟へはどう行くの?事前に入れるか調べる方法は?チップは?などなど。新・青の洞窟徹底ガイド!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

憧れのカプリ島青の洞窟へカウントダウン


photo by SAWA
毎日色が違うという不思議な青の洞窟
一度は行ってみたい見たい人気観光地カプリ島。だって、そこには世界遺産でもある青の洞窟があるから。洞窟内部をネオンのごとく照らす透明に輝く青い海を「生でこの目で!」と、観光客が世界中から押し寄せる世界遺産の宝庫イタリアきってのナンバーワンスポットです。

そんな注目度が年中高い「青の洞窟」については、ガイドブックやインターネットなど、あちこちで情報を入手することができますが、今回はそれらの情報を総合し、『これさえあれば大丈夫!オールアバウト的「青の洞窟徹底ガイド」』をご紹介してみようと思います。

さあ、プリンターの準備はいいですか?青の洞窟まで、カウントダウン5秒前です。


青の洞窟カウントダウン5 まずは出発地となるナポリへ行こう


photo by SAWA
早くて快適な新型ES アルタ・ヴェロチタ
カプリ島行きの船が発着しているのは、ナポリ港かソレント港。本数や利便性からナポリ港からの発着が基本となります。

ナポリへは、ローマからならES(ユーロスター)で約1時間45分。本数も多く、意外にアクセスがしやすいです。トレニイタリアの切符の買い方や。トレニイタリア時刻表をご参考に。

また、遠方(ミラノやフィレンツェなど)からは空経由でナポリ空港に入る方法もあります。飛行機でナポリINして、そのままカプリ島行きの船に乗るのはなかなか強行コース。1泊してからカプリ行きがオススメです。

青の洞窟カウントダウン4 カプリ島行きの船が出る港へ行こう


ナポリ駅→ナポリ・モロベベレッロ港 タクシーで10分弱。料金は10ユーロ程度です。
※カプリ島行きの船は、中心地に近いMolo Beverelloモロベベレッロ港か、Mergellinaメルジェッリーナ港から発着します。本数は圧倒的に前者が多くなります。

photo by SAWA
カプリ島へは当日券で
【港での切符の買い方】
切符は、港の切符売り場で直前に購入します。(予約やインターネットでの購入ができるなどの情報がありましたら、travelitaly@im.allabout.co.jpまでお寄せ下さい!)

カプリ島への船は、SNAV、N.L.G.-linea jet、Neapolis、Caremarの各社があり、切符の窓口は行き先別ではなく、船会社毎になっています。乗りたい船の時刻と会社名を電光掲示板で確認し、各船会社の窓口で購入します。

船の種類には、高速船(Aliscafo)と普通の船がありますが、高速船がオススメです。
ナポリ・モロベベレッロ港→カプリ島・マリーナグランデ港 
高速船で約45分 料金14ユーロ(2006年現在)


【船の時刻表】
青の洞窟に入るためには、その入場の確立の高さから、午前中にカプリ島に到着している必要があると言われています。最新時刻表は"target=_blank>カプリ ホームページで。だいたい、8時台~9時台が本数も多くオススメです。

次ページでは、カプリ島行きの船の模様をご紹介

更新日:2006年10月16日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    18

    この記事を共有する