京都の観光・旅行/京都関連情報

雨の日は、変わり種の美術館で決まり!

この時期、雨の観光は少々辛いですね。そんな時、半日だけでも美術館などに立ち寄ってみませんか。変わり種の美術館などご紹介します。

執筆者:岡本 美科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
梅雨時お奨めの京都の美術館
趣ある記念館は、京都の街に溶け込んでいます
京都は、東京に次いで2番目に美術館・博物館・ギャラリーが多い都市。以外にそれが知られていません。もしかしたら、街全体が、美術館と言われている由縁かもしれませんね。そのため、あえて観光で美術館などに立ち寄るという方は、以外に少ないかもしれません。

そこで、この梅雨の時期、雨の観光ばかりイヤ!という方にお奨め。京都の特徴あるギャラリーばかりをご紹介します。また、ギャラリーのレストランやカフェなどでゆったり休憩するのもいいですよ。半日だけでも、傘いらずで過ごしてみませんか。

【contents】
■面白いアートがいっぱい!・京都万華鏡ミュージアム、京都芸術センター……P1
■京都の歴史を満喫する・京都文化博物館、時雨殿……P2
■子供も大人も大好き!・京都国際マンガミュージアム……P3
■個性的な記念館と美術館の素晴らしさ!・河合寛次郎記念館、細見美術館……P3

面白いアートがいっぱい!・京都万華鏡ミュージアム、京都芸術センター


■京都万華鏡ミュージアム

オフィス街にある京都万華鏡ミュージアムは、平成16年に京都市の教育施設の一部を利用し、色々な方面の協力のもとオープンしました。
梅雨時お奨めの京都の美術館
ミュージアムと併設のカフェでは、京野菜で有名な「かね正」の野菜を使った季節のカレーなどは、いかがですか。
光の反射や鏡の屈折などの組合せで、幻想的で不思議な世界を見る事ができる万華鏡。その万華鏡を実際に手に取り、見ることができる京都万華鏡ミュージアム。世界各国の万華鏡を収蔵し、その中から常時50点程展示されています。3ヶ月に1度ぐらいのペースで展示内容が変更されます。

ミュージアムの中は、撮影禁止だったのでお見せする事ができないですが、オルゴールの音と共に見る事ができる万華鏡や陶芸家と万華鏡作家のコラボレーションの作品、デザインも優れており、万華鏡自体も美しく心引かれるものばかりです。

特に、6月より投影式万華鏡が始まり、展示室の天井・壁面・床全体が万華鏡の世界に大変身!これは関西初です。何とも不思議で癒されるミュージアムです。

所在地:京都市中京区曇華院前町706-3
TEL:075-254-7902
開館時間:10:00~18:00
休館日:月曜日・月曜祝日の場合は翌日休館
HP:http://www.k-kaleido.org/
交通・アクセス:京都市営地下鉄「烏丸御池駅」より徒歩3分
地図:Yahoo!地図情報

■京都芸術センター

梅雨時お奨めの京都の美術館
昔よき時代に建てられた小学校。地元の人間の手で大切に守られています。
昔なつかしい小学校の面影を残す京都芸術センター。ギャラリーや舞台、落語、ダンス、など芸術に関する事が、詰まった施設です。ギャラリーで行われる展覧会は、無料で、自由に見ることが出来ます。


こちらの校舎は、明治初期に出来たもので当時のまま残こしており、大理石貼りの玄関やステンドガラスがはめ込まれていたり、細かい装飾の付いた講堂や茶室などもあり、校舎を見るだけでも楽しいです。
梅雨時お奨めの京都の美術館
左は、芸術センター内にある資料室。芸術に関する情報が置いてあります。右は、前田珈琲。
そして、お奨めなのが教室を使ったカフェ。フード、ドリンクも充実しており、満足できるメニューです。近所の会社勤めの方や近くのデパートの帰りの方など、わざわざこちらに立ち寄るという程、人気。レトロで懐かしい香りのするカフェは、ほっこりできる場所です。ゆっくりと時間が取れない方も、このカフェに立ち寄っていただきたいほど、お奨めです。

所在地:京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
TEL:075-213-1000
見学時間:ギャラリー、図書室、ショップ、情報コーナー、談話室10:00~20:00
交通・アクセス:市営地下鉄「四条駅」・阪急「烏丸駅」下車より徒歩5分
HP:http://www.kac.or.jp/
地図:Yahoo!地図情報


■前田コーヒー明倫店
TEL:075-221-2224
営業時間:10:00?21:30(ラストオーダーは21:00)
定休日:無休(ただし京都芸術センターが休館の場合は休み)
HP:http://www.maedacoffee.com/tenpo/meirin.html

次は、「京都の歴史を満喫する・京都文化博物館、時雨殿」

更新日:2008年06月28日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する