旅館/宿・旅館関連情報

プロが選ぶ旅館百選「小さな宿10選」

毎年恒例の「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」。審査員特別賞として小規模旅館10軒が表彰されます。今年の10軒はどんな宿?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年も発表されました「第33回プロが選ぶ日本のホテル旅館100選」。旅行業界関係者投票による総合表彰は例年ほぼ同じ旅館が並びますが、毎年の注目は、雑誌編集者などの選考委員による推薦により、小規模和風の宿が10軒選ばれる「先行審査委員特別推薦旅館」。
北から順にご紹介いたしましょう。

三余庵

三余庵
広々とした間接照明の空間の客間には、琉球畳、漆喰の壁、など上質な素材が使われている。
肌がすべすべになる植物性のモール泉で有名な十勝川温泉の11室の宿。宿名は、十勝開拓の祖、依田勉三が師事した漢学者、土屋三余の名に由来します。十勝川第一ホテルの別邸として建てられ、旅館としてはモダンな外観。「デザイナーズ旅館」の走りの一軒でした。
デザイン・設計は象設計集団、館内の照明は照明デザイナーの近田玲子さんが手がけました。「客室露天風呂」や「オープンキッチンのダイニング」はもちろん、「バー」「ライブラリー」「アロマエステ」というニューウェーブ旅館の「館内三種の神器」も揃っています。
温かみのあるサービスも老舗旅館の別邸ならでは。のんびり連泊したくなる宿の一軒です。

北海道河東郡音更町十勝川温泉南13丁目(十勝川温泉)
Yahoo!地図情報

丸屋旅館

丸屋旅館
湯治場風情の肘折温泉でもひときわ目立つ木造3階建て。館内に足を踏み入れれば、「角を曲がるごとに感動がある」。
山形新幹線の終着駅、新庄からバスで幾重の山を越え、約1時間。山間に肩を寄せ合う肘折温泉は、日本に数少なくなった現役の湯治場のひとつ。朝市が立ち、湯治客は野菜や缶詰を求めに来きます。多くの旅館には自炊客用にコイン式ガスコンロと自炊場が残っています。長逗留して外湯に通う湯治客や地元客に交じり、丸屋旅館へ足を運ぶ温泉ファンも増えました。
一見すれば、湯治宿。しかし、客室に少しずつ手を入れ、現在ではモダン和風の客室に様変わり。湯治はしてみたい。でも、滞在する客室には快適なベッドやシャワールームが欲しい。そんな現代人のニーズにうまく応えた一軒です。ただし、食事は昔からの山菜料理。守るべきところは守る新しい湯治宿のスタイルが評価されたと言えましょう。

山形県最上郡大蔵村大字南山519(肘折温泉)
Yahoo!地図情報

時わすれの宿佳元

時わすれの宿佳元
玄関を入ると囲炉裏のラウンジ。鉄瓶でわかされた湯でいただくコーヒーもおいしい。
国民保養温泉第一号として、古くから療養泉として親しまれている四万温泉。四万川に沿うように温泉宿が肩を寄せる温泉街から少し上流に登った、薬師堂の森に佇む8室の宿が「佳元」。うち4室が露天付きで、カップルに人気が高いお部屋です。
地産地消を推進する宿なので、食事は群馬産の食材を使った創作和食。数々の日本酒とともに至福の時間が味わえるでしょう。
ほろ酔い加減のシメは、20時から開く焼酎バー「兎乃」で。蕎麦にもめっぽう詳しいBarのマスターが、若女将のふるさと奄美の黒糖や薩摩の各種芋焼酎の世界を案内してくれます。
温泉と、上州の食と、名酒をどっぷり楽しめるお宿です。

群馬県吾妻郡中之条町大字四万4344-2
Yahoo!地図情報

更新日:2008年02月10日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する