毎日のお助けレシピ/料理のABC関連情報

七草がゆの作り方

1月7日の朝は、今年一年の無病息災を願って、七草粥を食べましょう!フリーズドライ加工の七草なら、洗ったり刻んだりの手間が省けて便利です。作り方とレシピをご紹介!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーズドライ七草
せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ
一月七日の朝は、七草がゆを食べて、今年一年の無病息災を願いましょう!
フリーズドライの七草を使えば、洗ったり刻んだりの手間がかかりません。材料に手を抜いた分、炊飯器ではなく、土鍋を使ってコトコト作ってみましょう。余った、お正月用のお餅を加えれば、さらにおいしくいただけます。

基本のおかゆの作り方

1月7日の朝に食べる

七草がゆ

七草粥


使用した材料 4人分

・米 ............1合
・水 ............5合(900cc)
・フリーズドライの七草 ..............2袋(7g)
・塩 ............少々
・餅(入れなくても良い) ..............2個


作り方

1. 米をといで水を切って土鍋にいれ、米の5倍の水を加える。

(ここで30分ほど浸けておくと、炊く時間が短縮できる。)

2. 最初は強火にし、煮立ったら、鍋の底にしゃもじを入れて、 くっついてる米をはがし、蓋をして弱火で30分ほど煮る。途中、吹きこぼれそうになったら、蓋を少しずらして蒸気を逃がす。

3. 塩少々(2つまみ位)を振り入れ、フリーズドライ七草を加えて軽く混ぜ、焼いた餅を入れて蓋をして火を止め、数分蒸らしてできあがり。

(生の七草使用の場合は一煮する。餅は小さく切って焼くか、焼いたものを千切って加える。又は、硬いまま切って、七草を入れる前に加えて煮込んでも良い。)


前回紹介したのは 【フライドチキン】

更新日:2013年11月16日

(公開日:2006年01月05日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する