タイ/タイのお土産・ショッピング

タイのお土産

物価の安いタイはショッピング天国!タイの定番土産、世界でも注目されているタイ発ブランドの土産やタイの美容・健康グッズ、そして職場や学校で配れる安いけど絶対喜ばれるお土産をご紹介しましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

決定版! タイのお土産

せっかくタイに来たのだから友達や家族、職場の人たち、そしてもちろん自分のためにもタイならではのお土産を買って帰りたいものです。お土産を買うのは旅行の楽しみの1つでもありますが、何をどこで買ったらよいのか意外と悩んでしまうもの。タイらしさの詰まったガイド選りすぐりのお土産をご紹介します!
日本でも使えるお手頃価格のタイ土産が欲しい!

タイの定番土産

一目見て「タイに行ってきた!」というのが分かるほど、タイらしいアジアンモードがたっぷり漂うタイの定番土産。観光客の多いタイでは、市場やデパート、町中のショップなどいたるところで買うことができます。

定番土産1 陶磁器(ベンジャロン焼き・セラドン焼き)

ガイドもセラドン焼きの食器を日本でもよく使っている。持って帰ってくるときは割れないように注意して!
高級タイ料理レストランに行くと必ず目にするタイ産の代表的な陶磁器は2種類。1つは、鮮やかな色使いときらびやかな金色が特徴のベンジャロン焼き、そしてもう1つは翡翠色の青磁器セラドン焼きです。

日本で普段の料理を盛り付けるために使うなら落ち着いた色でシンプルなデザインの多いセラドン焼きがおすすめです。ベンジャロン焼きの食器は、色がかなり鮮やかなので小物入れや花瓶などのインテリアとして購入してみては? 値段はピンからキリまでありますが、初めて買う人はブランドを気にせず安いものでも十分。安いからと言って品質が悪いわけではないのでご安心を。

 

定番土産2 タイシルク

タイシルクのネクタイ(カフス、チーフ)セットもOTOPショップで900バーツ(約2700円)とお買い得!
世界的にもその素朴な肌触りと美しい光沢で知られているタイシルク。タイにはタイシルク製品を扱ったショップが数多くあります。なかでもタイシルクブランド「ジムトンプソン」の知名度はダントツ。バンコクや国内の主な観光地、そして空港には必ずと言ってよいほど「ジムトンプソン」のショップがあります。ここで売られているバッグや服などの製品は、タイの中でも最高級品。

ジムトンプソンは「ちょっと高すぎて手が出ない……」という人には、ノーブランドのタイシルク製品だっておすすめ。中でもOTOP(タイ版一村一品運動)で作られた製品を置いているショップには、ノーブランドでもお手頃なタイシルク製品が数多く売られています。ちなみにOTOP製品取り扱いショップは、大型デパートや空港などに入っています。

 

定番土産3 タイらしい衣料品

タイ文字がデザインされたTシャツは、日本でも「かわいい」と好評
タイらしいお土産として喜ばれるのは、タイ文字やタイらしいイラストの描かれたTシャツと、部屋着やヨガウェアとして最近日本でも人気のあるタイパンツです。

Tシャツはお土産を置いてある露店などでもよく売られていますが、品質、デザインともにハイクオリティでおすすめなのは「Line Thai(ライン・タイ)」というブランド。タイ語の文字や、仏教や古典などにまつわる神様の絵など独創的なデザインが特徴です。デパートでも売られていますし、プラティナムというショッピングセンターやウィークエンドマーケットにも店舗があります。

タイパンツはもともと漁師たちが着ていたことから、フィッシャーマンパンツとも呼ばれています。ウエストがかなり大きいので、腰紐で縛ってウエスト部分を折り返してはきます。ゆったりと動きやすくリラックスできるため、ガイドも部屋着として愛用中。シンプルなデザインのものなら100バーツ(約300円)くらいからと安いので、家族や友達のお土産として数枚買ってもいいかもしれませんね。

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年09月08日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    14

    この記事を共有する