ガーデニング・園芸/ガーデニング関連情報

ひな祭りの花、桃に注目!

童謡にも「〜お花をあげましょ桃の花♪」と歌われていますが、そもそもどうして桃なの?ガーデニングで桃を育てることはできるの?今回は、そんな疑問にお答えします!

この記事の担当ガイド

花と緑のある暮しを楽しむ、ガーデニングライフのプロパゲーター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【どうして桃なのか?~桃の雑学~】

三月三日は雛祭り、俗に「桃の節句」と呼ばれたりもします。
この雛祭りのもとは、「上巳(じょうし)の節句」からと言われています。
これは、人日(じんじつ)・上巳・端午・七夕・重陽(ちょうよう)の五節句の一つで、 古代中国では陰暦三月最初の巳の日に禊(みそぎ)をして、厄を払う儀式が行なわれていました。
それが日本に伝わり、宮中から庶民へ、そして時代と共に形を変えながら、現在の雛祭りになったという説が一般的です。
上巳の節句の形を色濃く残すのは、一年の厄災を人形(ひとがた)に移して流す「流し雛」で、これは現在でも行なわれています。

さて雛祭りの詳しい由来については他に譲るとしまして、「どうして桃なのか?」… そのヒントは、「陰暦三月最初の巳の日」に隠されています。
これは、現在の暦にすると三月末から四月中旬にあたり、梅が終り桜の咲く前…ちょうど桃の花が咲いている頃になります。
現代の暦の三月三日には、普通桃は咲いていないわけで、雛祭り用に店頭に並ぶ桃の花は開花促成されたものです。

また、古来桃には魔よけの力があると信じられており、「黄泉比良坂(よもつひらさか)」にも桃の記述がありますし、また「桃太郎伝説」も桃が邪気を払うことに由来するようです。

ということで、「雛祭りに桃の花」の所以は、季節の花であることと、邪気を払う力があると信じられていることにあるようです。
桃が邪気を払う力があるかどうかはわかりませんが、「桃の葉はあせもに効く」という話は皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。
古くから民間薬として使用されていたようで、今も「桃の葉エキス」とか「桃の葉ローション」といったものが市販されており、女性の玉の肌を守ってくれるだけの力は、確かにあるようですね。
また、桃の種の中にある仁(核の部分)は「桃仁(とうにん)」と呼ばれ、漢方薬として生理不順・更年期障害・冷え性・便秘に効くとされており、これも女性と深い関係があるところがおもしろいですね。




更新日:2004年02月10日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する