収納/収納関連情報

どこでもしまえる布団収納法

嵩張って困る布団。圧縮すればいいなんて思っていませんか?もっと簡単にどこでもしまえる方法がありますよ。何といっても今すぐにできちゃうから、嬉しさ倍増です。

この記事の担当ガイド

365日おうちのもやもや整理に取り組む 片付け・収納のエキスパート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

掛け布団は巻くにかぎる

奥行き55センチのクローゼットに収納した布団。布団専用ケースは東急ハンズで購入。
近ごろの布団は、羊毛や羽毛、化繊など、軽くて扱いやすい素材のものがあって、従来の綿ワタに比べればたたみやすくなっています。もちろん、くるくる巻くのも簡単です。

巻いたあとの布団は、その状態をキープできるようにヒモで結んでおきます。それよりももっと簡単なのは、古くなったTシャツを被せてしまうことです。
ダブルサイズの大きな布団や冬掛けは、布団専用の収納袋を使って、筒状に成形します。
こうして布団を巻くことによって、立て掛けておくこともできるようになるので、たたんで積み重ねるよりもはるかに出し入れがラクになるのです。収納スペースによっては、横に寝かせてしまってもいいでしょう。一つ一つの布団が筒になっているので、積み上げたとしても間から抜き取るのも簡単です。

ガイド宅でも、これまでは布団を買ったときに入っていた収納ケースに入れていましたけれど、布団によってケースのサイズが違ったので、効率が良くありませんでした。四角い布団ケースはサイズが揃っていてこそ意味があるのですが、そうではないなら筒型で少し融通の利く形にまとめたほうが、収納スペースにあわせやすくなります。

布団のしまい方に困っているなら、今すぐTシャツケースを試してみてください。

▼関連リンク
ベッドで寝るより布団派!なら片づけにもひと工夫。【All About 収納】

記事の更新情報や収納ワンポイントについてガイドメールマガジンでもお伝えします。購読を希望される方はこちらからご登録ください。

できることから始める。ガイド著書 「朝、着る服に迷わないハッピー収納術」でスカっと爽快な1日をスタート。時間をかけずにサクっと片づけたい!から生まれた『5分間「整理・収納」BOOK』で自分時間を大切にしましょう。

更新日:2008年06月23日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    32

    この記事を共有する