通夜・葬式・火葬の手順/葬儀の手順・手続き

葬式の喪主がすべきことマニュアル

悲しみの中でやらねばならない通夜そして葬儀。喪主になったらどう振舞えばいいのか、亡くなってから、やらなければならないことをお伝えします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人生には本当に思いもよらない悲しい出来事が待ち受けています。親の死は子供にとって、子供の死は親にとって、家族の死ほど言葉では言いつくせないほどの悲しみで、心があふれかえってしまいます。

その悲しみの中で、やらねばならない通夜そして葬儀。これらを取り仕切るに当たり、真っ先に決めるのが喪主。今回は、喪主になったらどう振舞えばいいのか、亡くなってから、やらなければならないことを、いざと言う時のためにお手伝いいたします。


喪主を決める


喪主
故人に近親者がいない場合は「友人代表」「世話役代表」として親しい友人が喪主の代理をする場合も。
■故人と特に縁の深い人がなります
一般的に結婚している人が亡くなったら、その配偶者。その配偶者がすでに亡くなっていたり、高齢や病気の場合は長男や同居している子供。他家に嫁いだ娘でも大丈夫です。故人に近親者がいない場合は、故人と親しかった友人が喪主の代理をすることも可能です。

未成年がなる場合は、親戚が後見人として実際の喪主を務めることになります。少子化の現代ではこのようなケースもこれからありえると言えますね。

■喪主と施主との間柄
遺族の代表者として一連の葬儀を取り仕切り、弔問を受けるのが喪主の務め。そしてその後の法事を主催する立場になると施主となります。

そうなると末永く故人の供養ができなければいけませんので、慎重に喪主を選ぶことが大事です。
喪主を決めるタイムリミットは通夜の前までに

喪主のお仕事


葬儀の主催者ですので、喪主は弔問を受けることに専念します。葬儀全般の実務を取り仕切るのは世話役にお任せします。

喪主は、僧侶や弔問客のお出迎えやお見送りはしません。どの弔問客にも平等に応対してください。

世話役とは、葬儀社の交渉から葬儀の進行やその後の雑務まで、中心となって指揮をとる、いわゆる全体の責任者のようなもの。

■通夜・告別式
弔問客の受付が始まる頃には身支度を整え、祭壇の前に座ったままで弔問を受けます。目上の方であろうとも失礼にはあたりません。

お悔やみの言葉をかけられたときは
「大忙しいなかをお運びいただきまして、恐れ入ります。」
と短い言葉でOKですので、答えましょう。

■目礼で返礼
僧侶による読経が行われる中、一般会葬者は焼香します。その時に遺族に向かって一礼しますので、喪主は目礼を返礼しましょう。焼香がひととおり終わると僧侶が退席しますが、そこでも丁寧に頭を下げます。

弔問客が帰る時は、軽く黙礼する程度でじゅうぶんです。


喪主の心構えや会葬者へのごあいさつは次のページヘで>>>

更新日:2008年07月22日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する