手紙の書き方・文例/年賀状・寒中見舞い

今さらでも格好がつく余寒お見舞い(文例付)

立春を過ぎてもなお寒さが続く時に出すのが「余寒御見舞い」書き方のポイントを文例を交えてお伝えします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余寒見舞い
必ず冒頭に「余寒見舞い」と
書き始める必要はなく
寒さの様子を書くだけでもOK
文例1

余寒お見舞い申し上げます
立春とは名ばかりで、毎日寒い日が続いておりますが、
お変わりなくお過ごしでしょうか。
私どもはおかげさまで、風邪ひとつひかず、皆元気にしております。
まだしばらくは厳しい寒さが続くとのことです。どうぞお大事に
お過ごしくださいますよう願い上げます。
平成○年○月

文例2

余寒お伺い申し上げます
名ばかりの春ですが、そちらは今もなお雪が降っているのでは
ないでしょうか。正月には一家で大変お世話になり、
ありがとうございました。
おかげさまで、ふるさとの味を楽しませて頂きました。
季節柄お風邪などひかれないように、くれぐれもご自愛下さいますように
お祈り申し上げます。
平成○年○月

文例3

暦の上では春とはいえ、ここ数日は気温も低く寒中並みの寒さです。
皆様にはいかがお過ごしのことでしょうか。
私たちは大過なく元気に暮らしております。
吐く息が白いのを見ると春はまだ先かと感じます。桜の季節が待ち遠しいですね。
季節の変わり目、どうかお体をご自愛下さいますようお祈りいたします。
平成○年○月

※必ず冒頭に「余寒見舞い」と書き始める必要はありません。
寒さの様子を書くことで寒見舞いの形式になります。

<関連サイト>
・7日を過ぎたら「寒中見舞い」

更新日:2013年12月20日

(公開日:2006年01月06日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    7

    この記事を共有する