小動物/小さなペット関連情報

ペットビジネス講座 動物病院での仕事

獣医の先生や看護婦さんと言えるAHT(アニマルヘルステクニシャン)などが働く動物病院での仕事は、大変だけれどもやりがいのある「助ける仕事」だと思います。

執筆者:村田 亜衣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
動物病院での仕事は、患者(ペット)と接する獣医師やAHT(アニマル ヘルス テクニシャン)の仕事と、受付などの患者ではなく飼い主に接する仕事があります。受付などについては資格を求められることはないと思いますが、獣医師やAHTには資格を求めらます。

獣医師という仕事

獣医師は、獣医の国家資格を取得している方です。獣医の資格を持たずにペットを治療することはできません。もしあなたが獣医師を目指すならば、大学でしっかり勉強して、資格を取得してください。

獣医師は、人間の医者よりも難しいかもしれません。人間の医者ならば、小児科や内科、眼科など、さまざまな分野に分かれていますが、動物病院にはありません(エキゾチック専門やうさぎ専門など、専門分野を表に出している動物病院もありますが、専門分野だけの動物病院はほとんどありません)。また、患者と直接話すことができませんので、症状の把握も難しいです。

獣医師は、難しいけれどもやりがいのある仕事でしょう。病気だった患者が健康になっていくのを見るのはやはり嬉しいでしょうし、患者や飼い主さんに慕われることも多いと思います。すべての患者を助けられるものではありませんので、辛い経験や悲しい経験もすると思います。それでもやはり、「助ける仕事」である獣医師はやりがいのある仕事だと思います。

AHTという仕事

AHTは、言うならば動物病院の看護婦さんです。病気や看護についての知識だけではなく、ペットについての知識も必要な仕事です。専門学校などで勉強し、資格を取ることができます。女性の多い職業ですが、大型犬を扱うことや、大きな検査機械を動かすことが求められることもあり、体力も必要な仕事といえるでしょう。

専門学校での勉強や動物病院で働きながらの勉強は大変だと思いますが、AHTの仕事もやりがいのある仕事だと思います。動物病院では、獣医師と同じかそれ以上に飼い主さんと話す機会が多く、頼られる負担があるかもしれません。飼い主さんのペットに対する思いを見る機会も多く、頑張りたくなることも多いと思います。

特にペットを入院させている場合、ペットを心配する飼い主さんからの問い合わせに対応したり、飼い主と離れて不安でいるペットの世話をしたりするなど、飼い主とペットの絆や愛情を感じることができるのではないかと思います。でも、それだけに、同じようにペットのことを考える飼い主を見ることもできるAHTの仕事は、ペットが好きな人にはやりがいのある仕事でしょう。

資格がなくても働きたい場合

資格を持っていなくても動物病院で働きたい人は、受付など資格を必要としない求人を探しましょう。動物病院によっては、ペットの気持ちがわかる人であれば、AHTと同等の仕事に資格を問わず採用することもあるようです。あまり多い求人ではないと思いますが、根気よく探せば、見つかるのではないかと思います。

ペットビジネス講座でほかのペットビジネスも見てみる。


編集部おすすめの購入サイト

楽天市場で人気のペット用品を見る

更新日:2005年09月11日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する