毎日の野菜・フルーツレシピ/野菜のゆで方・食べ方

たらの芽の食べ方・下ごしらえ

たらの木の新芽を食べるたらの芽。山菜の王様とも呼ばれ、すがすがしい緑色のたらの芽は、ミニサイズの木のような形をしています。独特の香りと、口の中に広がる脂っこさ、海老に似た味わいが楽しめる山菜です。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たらの芽の食べ方

たらの芽は、山菜の中でも特にあくが少なく、香ばしい味わいを楽しむことができます。サッとゆでてごま和え、くるみ和え、おひたし、サラダなどに。170度くらいの温度で短時間で素揚げや天ぷらに。その他、炒め物やアルミホイルの包み焼きにしてもおいしいですよ。


たらの芽の下ごしらえ・洗い方について

たらの芽の下ごしらえ
1: 水洗いした後、根元の硬い部分を切り落とします。

たらの芽の下ごしらえ2
2: はかまを取り除きます。

たらの芽の下ごしらえ3
3: 火が通りやすいように、根元の切り口に十文字の縦の切り込みを入れます。

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年09月15日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    13

    この記事を共有する