猫/猫関連情報

ネコの避妊手術と去勢手術

不妊手術の術前・術後の注意や、手術方法など詳しく解説しています。またオスネコにまれに見られる停留睾丸についても。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊手術直前の注意

通常は12~18時間前から絶食が必要です。(子猫の場合はもう少し短時間)
全身麻酔を施すと全身の力が抜けてしまい、もし胃の中に未消化物があれば、術中にそれを吐いてしまう可能性があります。吐いたものが気管や肺の中に入ると窒息や誤嚥性肺炎を起こす恐れがありますので、術前の夜の食事は抜いて、飲み水も飼い主が寝る前に片づけてしまいましょう。朝は何も飲み食いさせず病院へ連れて行きます。

手術の流れ

これは一般的な動物病院の不妊手術の流れです。

  1. ネコを預かる
  2. 再度触診、体温・心音をチェック
  3. 点滴のための留置針を入れる
  4. 麻酔前処置:軽い鎮静剤や鎮痛剤を注射(ジアゼパム、ミタゾラム、ブトロファノール、オピオイドなど)
    麻酔導入:ケタミン、プロポフォールなど
    麻酔維持:ガス吸入麻酔-イソフルラン、セボフルランなど
  5. 麻酔が完全にかかったことを確認後、心電図などモニタ機器の装着
  6. 点滴開始
  7. メスネコはおなかの毛、オスネコは睾丸周辺の毛を丁寧に剃る
  8. イソジンやアルコールなどで何回も消毒をし、滅菌布をかけて固定する
    ※麻酔前処置からここまで約20~30分程度
  9. 手術:避妊手術(子宮・卵巣摘出)の場合約40~50分
    去勢手術の場合約15分
  10. ガス吸入麻酔を切り覚醒を確認
  11. メスの場合は1泊~入院
    オスの場合は完全に麻酔から覚めたことを確認して退院
術後すぐ 術後2週間

メスネコの避妊手術

避妊手術にも様々な方法があります。
手術前にどの方法をとるか、主治医の先生とよくご相談ください。

  1. 卵巣子宮摘出術:
    開腹して卵巣と子宮をすべて摘出します。
    卵巣を摘出するとホルモンの影響を受けないので、発情しなくなります。また、子宮も摘出しますので、子宮に関する病気(子宮内膜種・子宮蓄膿症・腫瘍など)に罹りません。
  2. 卵巣摘出手術:
    開腹して卵巣だけを摘出します。
    発情がなくなります。とはいえ、卵巣という臓器はほんのわずかな細胞が残っていても再生する能力が高いため、もし細胞が残っていれば卵巣摘出をしたはずなのに発情が起きることがあります。(妊娠はしません)
    卵巣摘出手術の利点は、卵巣・子宮摘出手術に比べると手術が短時間で傷口が小さくて済みます。
  3. 卵管結さつ手術:
    開腹して卵管を糸で縛ります。妊娠はしませんが、発情は起きますし、卵巣や子宮のホルモン関係の病気にかかる可能性が残されます。手術も難しいので、この手術をする意味はないと思います。
  4. ジースインプラント(インプラント埋込)手術:
    麻酔をかけ背部分の首の毛を刈り、切開し皮膚内に酢酸クロルマジノンを成分とする黄体ホルモンの入ったカプセル状のものを埋め込みます。
    この術方の利点としては、手術が短時間で済み、インプラントしたものを除去すれば妊娠が可能になります。
    しかし、臓器はそのままですし、黄体ホルモンを放出させ常時疑似妊娠状態をコントロールしているので子宮蓄膿症などを併発する確率が非常に高くなります。
    動物用医薬品としての承認は発情抑制剤としてなので、メスにのみ適応されます。
    この手術の注意として:
    発情中はインプラントを埋め込むことができません。
    ネコ用は、薬効が1年なので、一度埋め込んで1年度に取り出しまた埋め込む手術が必要となります。薬効期間を過ぎたものを埋め込んだまま放置しておくと子宮蓄膿症などの罹患率がかなり高くなるそうです。
    また、インプラントが埋め込まれた位置からずれてしまうこともあるので、取り出すときにやっかいなことになる可能性もあるそうです。
    副作用として:
    体重が増加することがある。
    時に脱毛することがある。
    時に子宮疾患を発症することがある。
    軽度の乳腺の発達を起こすことがある。
  5. ホルモン剤の投与:
    日本では手に入らないと思いますが、欧米では飲ませるタイプのホルモン剤を投与することがあります。主にブリーダーが使っているようです。
    これも上記と同じような黄体ホルモンを飲ませて、疑似妊娠状態を保つのではないかと思います。
    しかし、ホルモン剤投与をやめた後の妊娠で、ネコによっては奇形児を出産する報告例があります。ホルモン剤投与を中止して、どの程度期間を空けて妊娠させると問題がないのかは、そのネコそれぞれの個体差によって違いがあるようです。

私はブリーダーをしていますが、続けて出産をさせたくないので、発情が強い子の場合、何らかの方法で発情をとばせたら良いのに、と考えることがあります。
しかし、ホルモン剤を使うことで別の危険を招きたくないので使用したことはありません。
発情が強すぎる子の場合は、通常の予定より出産期間が短くなっても続けて3回ほど産ませて、その後早めに不妊手術を計画することが多いです。

我が家では、避妊手術は必ず卵巣子宮摘出をお願いしています。
卵巣を取り除くことで、ホルモンに関わる病気の発症率は非常に低くなりますが、前述の通り卵巣が再生してしまう可能性や、わずかな確率とはいえ臓器が残っていることで子宮に病気が発生する不安を残したくないからです。

オスの去勢手術

  1. 精巣摘出:
    一番一般的な手術方法で、睾丸を切開して精巣を摘出します。切開した睾丸を縫わない病院の方が多いようですが、縫合したり、生体用接着剤で閉じるところもあるようです。
    ※我が家で手術経験のあるオスは誰も縫われたことがありません。しかし、縫われなくても出血したり傷口が開くことなど大事に至った経験はありません。
    ただし、術後1週間~は睾丸がどす黒く腫れ上がりちょっと痛々しく見えます。
    手術して数年たつと、ほとんど残骸もわからないくらい袋が小さくしぼんでしまいます。
  2. パイプカット:
    精巣は摘出せず、精子の通り道を途中で切断する手術方法です。
    メスネコを妊娠させることはなくなりますが、精巣が残っているとオスのホルモンは分泌されるので、姿形や行動的には去勢手術してないオスと同じ状態です。また、オスのホルモンが関係してる前立腺の病気や精巣の腫瘍を防ぐ効果もありません。

更新日:2005年02月20日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    11

    この記事を共有する