調停離婚のメリットをあえて利用する!

女
一刻も早く別れられさえすればいい…一時の気のあせりが後悔をうむことにも…
離婚・ライフアップカウンセラーの岡野あつこです! 日本では離婚の9割が「協議離婚」です。「調停離婚」「裁判離婚」は時間がかかるし、何より家庭裁判所に出向かなくてはならないのはちょっと…と思われる方が多いようです。確かに自分の人生において「離婚」、「家庭裁判所」などというものと関わることになるとは、結婚当時誰が予想したでしょう?

私はお金や子供との面接・面会に関する取り決めがある場合は、あせらず面倒がらずに調停を通して話し合いされることをオススメします。調停というカタチで離婚が成立すると「調停調書」が作られます。具体的に特定して記載された当事者の合意事項には、訴訟による判決と同等の効力があるそうです。もしどちらかがこれに従わなければ、強制執行力も及ぶわけです。

「協議離婚」で取り決めた合意事項を「強制執行認諾約款付き公正証書」にするには、公証人役場において数万円(記載されたお金の額によって変動)の費用がかかりますが、「調停離婚」なら数千円で済みます。以前は協議でどうしても話がまとまらない場合、調停に持ち込まれる、というパターンが多かったのですが、現在では、調停は第三者に入ってもらう話し合い、というメリットをあえて利用するという人が増えているようです。

→次ページは、調停完全準備マニュアル!