通夜・葬式の弔問マナー/通夜・葬式の弔問マナー

思いを伝える喪服。夏のお葬式ファッション

真夏のお葬式で一番苦労するのが暑さ対策。黒ずくめの喪服は暑苦しく見えるだけでなく、熱を吸収するため服の中はサウナ状態。そんな真夏のお葬式ファッションの特集をします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
喪服といえば「流行に左右されず長く着ることができるもの」というコンセプトで作られることが多いためデザインが無難である半面、どれも同じようなデザインでセンスはいまいち……。「喪服にお洒落は必要なし!」という人もいますが、やっぱり喪服の時だってお洒落はしたいもの。

葬祭関連のユニフォームを提案しているリミット通販の
「Li-fin」
をご紹介しながら、格好良く着こなせる夏のお葬式ファッションについて解説します。

「暑苦しい」「汗だく」はみっともない!

背中の部分だけ裏地がついていないタイプ。これなら不快感を軽減できるはず
背中の部分だけ裏地が付いていないタイプ。これなら不快感を軽減できるはず
通夜や葬儀の参列時の注意として、マナー本には「できるだけ肌を見せないようにすること」と書かれていることが多いと思います。しかし30度を超す暑さの中で、襟元まで詰まった黒ずくめの服装をして1時間もじっとしていたら……、汗だくになって見苦しいうえに、間違いなく脱水症状や熱中症を引き起こす人が出てくるはずです。

少しでも暑さを軽減できるように、随時水分補給ができるようなサービスを提供したり、大型扇風機を設置している葬儀もありますが、暑苦しい喪服を無理して着用したために、サウナ状態になって倒れてしまう人は後を絶ちません。「きちんと喪服を着用しないとマナー違反」という常識に縛られすぎて、薄着できずにガマンしてしまう人が多いのでしょう。

葬儀中に倒れてしまったら、ただでさえ穏やかな状態ではない遺族に余計な負担を背負わせることになり結果的にはマナー大違反。マナーは相手の立場を考えて失礼にならないよう振舞うことが基本。涼しげに喪服を着こなして葬儀に参列することが遺族への思いやりなのです。

暑苦しい長袖ジャケットもブラウス感覚で

裏地なしのジャケットは通気性抜群。適度な透け感だから失礼になりません。
裏地なしのジャケットは通気性抜群。適度な透け感だから失礼になりません。
長袖ジャケットでも裏地がなければ暑さを軽減することができます。裏地なしのジャケットはヨレヨレになりがちですが、右の写真のように型がしっかりしていれば、裏地なしできちんとした印象になります。こちらの素材はミルパという糸を使って二重織りにした生地を使用。通気性をよくするために少し粗めに織っていますが、透け具合を少しでも緩和するために二重織りになっています。


裏地は背抜き仕様。だから涼しげ

裏地付のタイプなら春~夏の2シーズン着用できます
背中だけ裏地なしのタイプなら春~夏の2シーズン着用できます。家庭用洗濯機でも洗えるタイプならお手入れラクラク。
「裏地なしはちょっと……」という人なら背抜き仕様のジャケットがおすすめです。背中の部分だけ裏地がないから、涼しく着こなせるのです。その場合、袖部分などに使われている裏地の素材に注目してください。最近はTEIJINTEX「ウエルキィボイル」などの夏用の裏地が開発されていて、肌のべとつき感がないように工夫されています。夏用裏地なら汗をすばやく吸収・発散する作用があるから快適な着用感と高い通気性による涼しさを実感できるはず。


ジャケットの下はこんなカットソーもおすすめです。次ページ

更新日:2007年07月05日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する