家事/エコ家事の方法

ゆびあみで作る!【アクリルロールたわし】

大人気記事、アクリルたわしの作り方第3弾。今回は、棒針もカギ針も使わず、指で編める「ゆびあみ」でアクリルたわしを作ってみました!コロンと可愛い『アクリルロールたわし』。編み方画像つきです!

執筆者:立石 絹子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクリル100%毛糸は、1玉100円程で100円ショップダイソーなどで購入可能です。
我が『エコ家事』ガイドサイトで、不動の人気を誇る『アクリルたわし』の記事。カギ針で円形に編むシンプルなタイプと、石鹸を中に入れられるアレンジタイプをこれまでご紹介しました。

アクリルたわしとは無関係に、「ゆびあみ」という編み物の仕方があるのを知り、カルチャースクールのゆびあみ講座で習いました。ゆびあみは指で編むため、どうしても編み目がゆるくなりがちで、アクリルたわしには不向きと思っていましたが、今回、新しくアクリルタワシ用にアレンジを考えてみました!

※『ゆび編み』自体は編み物の先生「篠原くにこ」先生のご考案です。
篠原くにこ先生のサイト『篠原くにこのみんなで楽しむ ゆびあみどっとこむ』はこちら

今回は、まったく新しく、ガイドオリジナルの『アクリルロールたわし』を説明画像付きでご紹介します!お鍋洗いに、お風呂洗いに、と、厚みがあるから握ってゴシゴシ使えて、便利なサイズだし、置いておいても可愛らしいコロンとした形がウリです!

アクリルロールたわしの作り方

まるでスイーツのシナモンロールのようなイデタチから、『アクリルロールたわし』と命名!指で編むから、必要なのは、アクリル100%の毛糸と、ハサミだけ。超簡単で初心者の方でも15分もあれば出来ちゃいます。

編み方をご紹介しま~す!

1・まず、左手の手のひら側に糸端を置き、半時計周りに親指を2,3周巻きます。
2・長い方の糸(以下“編み糸”)を人差し指の後ろ、中指の前、とジグザグに通します。
3・次に小指の後ろを通し、2とは逆に薬指の前、中指の後ろ、と再びジグザグに通します。
上から見るとこんな感じ。それぞれの指に前にも後ろにも糸が通っていますか?
4・人差し指側に来ている編み糸を小指の方まで編まずに渡します。
5・編まずに回した糸を、さらに手のひら側で人差し指まで渡します。
6・指に巻かれている糸を、編まずに渡した糸の下をくぐらせ…
その指にかけます。(これは画像がわかりやすいように薬指になっていますが、小指からやってくださいね)
7・これが人差し指まで4本分編めた状態です。
8・後ろはこんな感じ。4,5の「編まずに渡す」のをやり、また小指から人差し指に向かって編むという工程(6,7)を繰り返します。
指をかけて1目編むごとに、(A)の糸を、矢印方向にキュッと引っ張っておくと、編み目が余分に緩まず、きれいに編めます。
9・これが20段編んだところです。50段まで編みます。


次のページへ続きます!>>

更新日:2007年09月24日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    24

    この記事を共有する