名所・旧跡/関東の名所・旧跡

一足早い春の声、房総・保田の水仙【千葉】

東京から2時間足らずで行ける房総半島は、1月から既に花が咲き始め、一足早く春を感じられることができる素敵な場所。今回は、そんな花いっぱいの房総半島の中から、鋸南町・保田の江月水仙ロードをご紹介します。

この記事の担当ガイド

日本国内どこにでも出歩く名所・旧跡ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二十四節気の小寒から大寒にかけては、一年の中でも一番寒い時期と言われています。そんな寒い日が続いていても、一足早く春の気配を感じられる場所が東京からわずか2時間弱の所にありました。

それは千葉県の房総半島。温暖な気候ゆえに1月中旬にはもう花の便りが届き、これから2月に掛けて、房総半島の各所では様々な花が風景を彩っていきます。

今回は、そんな花いっぱいの房総半島の中から、鋸南町(きょなんまち)の保田(ほた)にある江月水仙ロードをご紹介します。のんびりとハイキングに行く感覚で水仙を愛でることができて、2008年は既に見頃を迎えているんですよ。

日本三大水仙群生地の一つです!

江月水仙ロードの水仙(1)
江月水仙ロードの水仙。道路沿いはもちろんのこと、道路から少し離れた所に群生している水仙が一斉に開花しています!(2008年1月19日撮影)

江月水仙ロード(2)
江月水仙ロードの風景。道路の両脇に可憐な花を咲かせている水仙を見ながら歩けます(2008年1月19日撮影)
千葉県鋸南町は、房総半島の東京湾側に面した内房の町。文字通り、鋸山(のこぎりやま)の南側に位置しています。

冬も大きく冷え込むことがない温暖な気候のおかげで、鋸南町では町のあちこちで水仙を育て続けています。水仙の栽培は江戸時代から行われているという由緒あるもの。

育てている本数と市場に出荷している花の数の多さから、日本国内では、越前海岸(福井県)、淡路島(兵庫県)と鋸南町が水仙の日本三大群生地と言われています。

その鋸南町の中で、水仙をたくさん見られるのが、保田の「江月水仙ロード」と「をくづれ水仙郷」です。

江月水仙ロード(3)
江月水仙ロードの水仙。青空をバックにすると水仙の花もいっそう映えます(2008年1月19日撮影)
特に「江月水仙ロード」Yahoo! 地図情報)は、およそ3キロメートルにわたって周囲に水仙が植えられたゆるやかな坂道が続く格好のハイキングコースとなっています。その数は、実に数千万本に及ぶとのこと。

道路の周囲だけでなく、ちょっと道路から離れた場所に水仙が群生している場所が点在しており、水仙が咲く空間の中に身を置くことが出来ます。

一つ一つは小さな花の水仙ですが、大勢集まるとこんなにも可憐な花が主張しているように見えるから不思議ですね。

どこか懐かしい里山の風景

江月水仙ロード(4)
水仙と共にどこか懐かしい里山の風景も楽しめます(2008年1月19日撮影)
江月水仙ロードの見所は、もちろん水仙なのですが、周囲に広がる里山の風景も見逃せません。

かつてどこででも見ることができた里山の風景も、開発の波に洗われて少なくなってきましたが、ここではまだ里山の風景が残っています。

何となく懐かしさを感じながらハイキングを楽しめるコースとして、お薦めですよ。


さて、鋸南町・保田の江月水仙ロードのご紹介、いかがでしたか?寒い日が続く冬ですが、休日にちょっと春を先取りすることができる房総半島まで、ふらっと出かけてみて下さい。

鋸南町・保田へのアプローチ

  • 地図:Yahoo! 地図情報
  • 公共交通機関の場合
    特急「さざなみ」号
    東京から内房方面へは、特急「さざなみ」号が便利。
    <鉄道>
    東京駅 京葉線地下ホームより、特急「さざなみ」号に乗車し、保田(ほた)駅下車。
    ※一部の特急「さざなみ」号は、保田駅を通過します。この場合は、木更津、君津、上総湊などで普通電車に乗り換える必要があります。
    保田駅から江月水仙ロードの入口まで、徒歩10分程度(約700メートル)です。

  • 車の場合
    東京湾フェリー
    久里浜から東京湾フェリーを使って浜金谷へ行くルートも便利。
    2007年7月に全線開通した館山自動車道から富津館山道路に入り、鋸南保田(きょなんほた)インターチェンジへ。
    保田駅方面に向かい、保田神社手前を左折して江月水仙ロードの入口に駐車場が点在しています。
    ※駐車場手前は、道が狭いので、歩いている方への配慮が必要です。
    これとは別に鋸南保田インターチェンジ近くの鋸南町保険福祉総合センターの駐車場が観光客向けに開放されており、こちらも利用可。
    江月水仙ロードの入口までは徒歩15分程度です。

    また久里浜から東京湾フェリーを使う場合、浜金谷港から国道127号線を館山方面へ進み、保田交差点で富津館山道路 鋸南保田インターチェンジ方面へ。
    保田神社前を右折すれば江月水仙ロードの入口へ行けます。

    【関連サイト】
  • 鋸南町観光協会
  • 南房総きょなんまち 水仙情報(鋸南町役場のWebサイト)
  • 東京湾フェリー
    ◇「名所・旧跡めぐり」ガイドの千葉県に関する他の記事はこちらです。
  • レトロな電車で楽しむ犬吠埼と銚子【千葉】
    ◇「名所・旧跡めぐり」ガイドの水仙に関する他の記事はこちらです。
  • 見頃です!都内で水仙を愉しみませんか?
  • ゲレンデが水仙畑に大変身!みやぎ蔵王
    「名所・旧跡めぐり」では、毎月2回(14日、28日頃)メールマガジンを発行中です。ガイドが最近旅した時のエピソードなどを添えたコラムが読めたり、ガイドお薦めの記事がわかります。購読を希望される方は、下記よりお申し込み下さい。バックナンバーも下記より読むことができますよ。
  • 「名所・旧跡めぐり」メールマガジン申し込み、バックナンバー一覧

    たくさんの方の申し込みを心よりお待ちしています。
  • 更新日:2008年01月23日

    あわせて読みたい

      この記事を読んで良かったですか?

      良かった

      0

      この記事を共有する