大阪の観光・旅行/大阪のお土産

JR新大阪駅で買いたい大阪みやげ!BEST5

大阪の玄関口「JR新大阪駅」で買える大阪みやげをご紹介します。「しまった!お土産を買い忘れた!」なんてときには駅構内のお土産コーナーは非常に重宝です。ガイドおすすめの大阪みやげの逸品をどうぞ!

執筆者:陸奥 賢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お土産を買い忘れたさいは要チェック!
JR新大阪駅で買える大阪みやげをご紹介!

JR新大阪駅にある「おみやげ街道」。駅構内には「おみやげ楽市」「三都のおみやげ」など、色んなお土産コーナーがひしめいています。
大阪の玄関口といえば、JR新大阪駅。大阪への出張や旅行のさいには必ず立ち寄るスポットですが、それだけに充実しているのがお土産コーナー。「しまった!○○さん用のお土産を買い忘れた!」というようなさいに重宝しますが、今回は新大阪駅で買えるガイドおすすめの大阪みやげをご紹介しましょう。

【新大阪駅で買いたい大阪みやげ!ベスト5】
1p……柿千 大阪名物 「元祖たこむす」

柿千 大阪名物 「元祖たこむす」

パッケージではタコが器用におにぎりを掴んでいます。シュールです。
大阪グルメといえばたこ焼き!…だけではないのですが「大阪といえばたこ焼き!」というニーズは高いようです。そこでオススメしたいのが、柿千さんのたこむす(1箱5個入り 税込682円)。名古屋名物には「天むす」(天ぷら+おむすび)がありますが、大阪に来ると「たこ焼き+おむすび」=「たこむす」になります。

「たこむす」です。おにぎりの上にたこ焼きがのってます。名古屋名物・天むすを完全にパクってます。一見、笑える大阪みやげですが、味のほうは本格派。美味しい上に小ぶりですので5個でもペロリと食べてしまいます。新幹線で駅弁がわりに食べる方も多いとか。
ガイドもはじめて見たときは「なんや、けったいな食べもんやなぁ(けったい=大阪弁で「妙な」という意味です)」と思いながらネタで買って食べたのですが、これがなかなか美味しいんです。たこ焼きとおむすびを合わせただけなのに、そのハーモニーがじつに新しい。ご飯とたこ焼きを交互に食べるのとは、明らかに違ったテイストになっていて、試しに、たこ焼き部分だけを食べると、少し塩気が強く、ちゃんとおにぎり部分とバランスを取っていることに気付かされます。マヨネーズが同封されていて、それをかけて召し上がると、塩気が和らいで、よりマイルドな味になります。なによりも秀逸なのがネーミングで「たこむす」は漢字で書くと「多幸結」になるとか。多くの幸せを結ぶ。じつに縁起の良い名前で、大阪商人らしい遊び心があります。

※購入場所
JR新大阪駅構内3階(※改札の外) 「おみやげ楽市」

更新日:2008年09月26日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    37

    この記事を共有する