ドイツ/ドイツ基本情報

ドイツ人に通じるドイツ語の発音のポイント

ドイツ人に、「ゲーテ」や「ケルン」とカタカナ語を言ってもほぼ100%通じません。ここでは現地で通じるドイツ語の発音の仕方を解説。これさえ押さえておけば、通じる確率がグンとアップしますよ!

執筆者:カルカ 麻美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
旅を一層楽しくするドイツ語の挨拶・一言」では、すぐに覚えられて旅先で使える簡単な表現をご紹介しました。今回は、一般的にドイツ語の読みに使用されているカタカナ表記の中で、そのままカタカナ読みをするとドイツ人になかなか通じないものをピックアップ。「ここに気をつけて発音すれば、通じる確率がグンと上がる!」というポイントをお教えします。
※アクセントを置く部分は太字で表記してあります。

ドイツ語の発音の基本はローマ字読み!

Butter
英語と同じ綴りの「Butter」もローマ字読みで
日本人にとってドイツ語の発音は英語に比べるとずいぶん易しく、それほど苦労することはありません。なぜ易しいかというと、基本的にローマ字読みでOKだから。ドイツ語には英語と同じ綴りの単語がたくさんありますが、それらもローマ字読みをします。

例えば「Butter(バター)」は「ブター」、「Bus(バス)」は「ブス」、「Name(ネーム=名前)」は「ナーメ」。簡単だと思いませんか? 日本人の私たちには、ちょっと驚いてしまう響きもありますが……。ただし、やはり例外も少なからずあります。どんな例外があるのか、次の項目で見ていきましょう。

ローマ字読みをしないのはこんな時

例えば普通は「e」は「エ」と発音しますが、「ei」と並んだ時は「エイ」ではなく、必ず「アイ」という発音になります。

例:Ente エンテ (鴨……ドイツ料理の定番の1つ) / Fest フェスト (祭り)
  eins アインス (数字の1) / Nein ナイン (いいえ)

この「ei」の規則のため、ケイコ(Keiko)さんは、知らない人からは「カイコ」と呼ばれることが多いようです。

また、「s」は通常「サシスセソ」の発音ですが、後に母音(a,i,u,e,o)が続くと濁った「s(ザジズゼゾ)」になります。そのためガイドはいつも「アザーミ(Asami)」と呼ばれます。

■その他の例外発音
  • eu=オイ  例:Euro オイロ (ユーロ)

  • ie=イー  例:Liebe リーベ (愛)

  • sch=シュ  例:Schnee シュネー (雪)
  •  など
     
    このようにローマ字とは異なる読み方・発音の仕方もいろいろあるのですが、必ず「この例外のときはこの読み」というルールがあります。それらの例外規則を全て覚えると、知らない単語でも問題なく正しい読みをすることが可能になります。

    さあ、次のページから早速アルファベットの読み方と発音のコツを見ていきましょう!

    更新日:2006年09月22日

    あわせて読みたい

      この記事を読んで良かったですか?

      良かった

      3

      この記事を共有する