ドイツ/ドイツ基本情報

ドイツ旅行の1日の予算ってどれくらい?

ドイツを旅行する際、1日にかかるお金ってどれくらいなのでしょう? ドイツの物価は高いのか、安いのか? 旅行者にとって重要な食費と交通費を中心に、例を挙げながら旅行予算について考えてみます。

執筆者:カルカ 麻美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
物価の違う外国を旅行するとき、1日に必要なお金はどのくらいか、いくらぐらい持って行けばいいのか、なかなか分からないですよね。そこで今回は、食事と市内交通の切符の値段を中心に、ドイツの物価についてご説明します。ドイツ旅行の予算を立てる参考にしてみてくださいね。

ドイツの物価は高い?安い?

ドイツ
ドイツの物価は日本と比べてどうなのでしょう?
まずドイツの物価全般について。ものにより、日本より安いものと高いものがあるので一概には言えませんが、全体的な感覚として日本と同じくらいか日本より少し安め、と言えるでしょう。ただ最近はユーロ高の傾向が著しく、日本円に換算するとずいぶん高く感じることも多いと思います。また参考までに、家賃や食料品など全てを合わせた世界の物価ランキングなどを見ると、ベルリンの物価は東京よりずっと安いような印象を受けますが、これは東京の高い家賃によるところが大きく(東京の家賃はベルリンの家賃の3倍ほど)、日常品の価格にはそこまでの差はありません。

出費の中で最も大きな位置を占める外食

カフェオレ
カフェオレの値段は3.2ユーロ(約470円)前後
旅行中は常に外食。朝はホテルで食べるとして、毎日お昼と夜はどこかで食事をするわけですから、出費の中で最も大きな位置を占めるものと言えますね。

もちろんどんなレストランで何を食べるかによるのですが、平均的なドイツ料理のレストランで夜に食事をする場合、ビール(ワイン)一杯とメイン料理一品、という簡単な構成なら予算は12~17ユーロ(約1,700~2,500円)くらい、と考えれば良いでしょう。これに前菜(またはデザート)、食後の飲み物も付けると、プラス5~10ユーロ(約700円~1,500円)といったところ。ただし、お水は付かないので、飲みたい場合はミネラルウォーターを別途注文する必要があります。

ランチ5~10ユーロ(約700円~1,500円)くらい。これもお水は付かないので、プラス飲み物の料金、ということになります。

以下、飲み物や食べ物の値段ををいくつかピックアップしてご紹介します。

ドイツの物価の一例
価格表
ビールやアイスの価格は日本より安い。タバコは約2倍の値段

この表はあくまでも目安で、お店により多少の幅はあります。また旧東ドイツ地域では、ここでご紹介した価格より全体的に10~30%程度安いと考えてください。

スーパーで買うペットボトルの値段や、地下鉄の料金については次のページで。

更新日:2006年08月02日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する