家庭菜園/家庭菜園関連情報

花がなくてもかわいい!芽出し球根の水栽培

球根の水栽培って、結構面倒ですよね。そこで最近知ったのが、芽出し球根を使う方法。オランダでも徐々に流行りはじめているという情報をキャッチして、早速挑戦してみたら、意外なかわいさを発見したんです。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、球根の水栽培していますか?

球根の水栽培。なんだか懐かしい響きですが、最近、やっていますか?実はこれって結構面倒なんですよね。「10月頃、質の良い球根を選んで、水の上に置き、暗いところに置く。」とか、「根が伸びるにつれて水位を下げて」などの注意事項を、きちんと守らないと腐ってしまったりするので、私自身、小学生の頃以来やったことがありませんでした。

ところが、「オランダでは、芽を出させた球根を買ってきて、お部屋で楽しむのが徐々にはやり始めている。」という記事を、先日見つけて、「これはいい!」と思い、早速挑戦してみることにしました。

芽出し球根とは?

芽出し球根
芽出し球根は、このようなポット苗の様態で売られています。左のずんぐりした葉は、ヒヤシンス。右のひょろっとした葉は、スノードロップ。
芽出し球根とは、苗の生産業者さんが、ポットに球根を植えつけて、芽を出させた状態で売られているものです。この季節、園芸店では、スイセンやチューリップヒヤシンスなど様々な種類の芽出し球根が売られています。

皆さんもご存知のとおり、通常これらの球根は、秋に植えて、春の芽吹き~開花を楽しむものなのですが、中には、いつの間にか土の中で傷んでしまっていたり、元々、球根そのものが良くなかったりすることもあって、100%芽吹かない場合があります。芽出し球根は、すでに芽吹いたものだけが売られているので、その点でも安心なのです。


水栽培の作り方

いろいろな空き瓶
1.まず、球根を載せる器を用意します。ジャムや牛乳の空きビンで、球根の大きさに合うものを見つければ良いでしょう。

ポットをはずす
2.球根をポットからそっと出します。今回は、ヒヤシンスの球根で作ります。



これからの作業で気をつけていただきたいことは、「絶対に根を傷めない」ということ。せっかく出てきている根をちぎってしまったら、球根にとって、水分を吸い上げる方法がなくなってしまうのです。

土をほぐす
3.土をそっとほぐすようにして、取り除いていきます。このとき、取りにくいところまで無理に取ろうとする必要はありません。大まかに土が取れればOKです。


もう1ステップで、完成!続きは、次のページで。

更新日:2007年02月24日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する