家庭菜園/家庭菜園関連情報

どの方法が一番?切花を長持ちさせる方法

暑い日が続くようになりました。こんな季節に困るのは、切花がすぐに傷んでしまうこと。切花を長持ちさせる方法には、いろいろありますが、本当は、どの方法が一番良いのでしょうか?実験して比較しました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

切花を長持ちさせるには?

切花を長持ちさせるには?
切花を長持ちさせる方法、どの方法が一番良いのでしょうか?
暑い日が続くようになりました。こんな季節に困るのは、切花がすぐに傷んでしまうこと。切花を長持ちさせるためには、「水の中に十円玉を入れると良い」とか、「サイダーを入れると良い」など、様々な方法が言われていますね。また、最近では、お花を買うと、延命剤という、お花を長持ちさせる液体を、サービスで付けてくれるお店も増えてきました。
では、本当は、どの方法が一番良いのでしょうか?

切花が傷む主な原因として、水の中にバクテリアが発生して、そのバクテリアが切り口に繁殖するため、水の吸い上げが悪くなってしまうことがあげられます。
お花屋さんでは、基本的に、
・花を活ける器を清潔にする。
・毎日、水を取り替える。
・水を変える際に、茎を少し切り直す。
という作業を行っています。
私も、この方法を守ることが一番良いと思っていて、切花の延命剤などは、ほとんど使ったことがありませんでした。

そこで、同じ条件で実験をして、どの方法が一番良いのか、比較してみようと思います。


実験開始!


クリザールと重曹
実験をするにあたって、3タイプの水を用意しました。
まず、私がいつもやっている方法。普通の水道水に活け、毎日水を取り替えて、その際に、茎の切り口を切り直し、花を活けているグラスも洗います。次に用意したのは、最近注目されている重曹。本によると、水の成分が変化するためか、切花の持ちが良くなる効果があるということなので、試してみることにしました。そして、切花の延命剤。今回は、クリザールという材料を使用します。これは、ホームセンターや、お花屋さんなどで、一般的に売られています。

実験開始
●1日目 実験開始
左から
A.普通の水
B.水1カップ+重曹小さじ1/2
C.水1カップ+クリザール4cc

重曹水が濁りはじめて・・・
●3日目  重曹水が濁りはじめて・・・
B(重曹水)は、少し濁りはじめて、花びらが変な風に開き始めました。
A(普通の水)は、毎日、水を取り替えています。C(延命剤)より、花が硬くしまっていて、長持ちしそうな気がします。

重曹水のバラが・・・
●5日目  重曹水のバラが・・・
B(重曹水)のバラが、とうとうダメになってしまいました。花がしおれて、カサカサになってしまっています。A(普通の水)のバラとC(延命剤)のバラを比べると、花びらの開き方に差があり、Aは、芯がまだ固く、外側が開いている感じ。Cは、芯も外側もバランスよく開いている感じがします。

普通の水のバラもついに・・・
●7日目  普通の水のバラもついに・・・
A(普通の水)のバラが、開ききらないうちにダメになってしまいました。この方法を信じていたのですが・・・C(延命剤)のバラは、あと、2~3日は持ちそうです。B(重曹水)は、アイビーもダメになってしまっていました。

 
と、いうことで、結論!

更新日:2006年07月11日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    34

    この記事を共有する