時短生活/片付けを時短するコツ

片付けられない人の5分処方箋 初級

「片付け脳」のない人は、すぐ頭のなかがごちゃごちゃになってしまいがち。忙しい毎日、片づけが苦手でも大丈夫。5分でできるこの処方箋で、苦手でも笑顔で暮らせます。まずは初級の処方箋からどうぞ。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
共働きのお母さんからよく出る話で圧倒的に多いのが「家が片付かない」という悩み。確かに、朝と夜の限られた時間の中で、洗濯から料理、そうじをこなさなくてはならない共働き家庭では、十分な片付けタイムを確保できないのが現実。雑誌に出てくるような美しく片付いたお部屋は無理としても、せめて少しは片付いた家に暮らしたい! そんな共働き家庭のための、サバイバルアイデアをお届けします。所要時間はたったの5分。それだけで、少しだけ明日からの暮らしが変わりますよ。ぜひ試してみてくださいね!

・・・INDEX・・・
■「片付け脳」でない人はピンポイント作戦で
■片付けられない人の5分処方箋 初級編



片付けはピンポイントで!

一箇所だけを時間を決めて片付けましょう
一箇所だけを時間を決めて片付けましょう
片付けはできたほうが偉いと考えてしまいがちですが、これは「計算が得意」「絵がうまい」といったことと同じ、ある種の能力です。片づけが苦手な人はたくさんいます。これは個性です。誰もが計算や絵画が得意である必要はないように、片付けることが苦痛と感じる人は、無理しないでOK。ただでさえ忙しい日々の中、罪悪感やストレスで自分を責めないようにしてくださいね!

それでも、なんとか少しは部屋の中を改善したい、と考えるにはこの方法をオススメ。

ピンポイントの一箇所だけを、短時間で片付ける

片付けの能力がある人は、部屋を3次元で捉えて、物を「区別・分類・移動させる」といったプロセスを脳の中でシミュレーションできる人です。仮にこれを「片付け脳」と呼びましょう。こうした人は部屋全体の片づけができますが、「片付け脳」のない人は、この作業は苦難の技です。始めたとたん、頭のなかがごちゃごちゃになって、一向に物が片付かないまま、からだだけ疲労するという結果になりがちです。この「片付け脳」は訓練で伸びる場合もありますが、多くは生まれ持った個性であることも確か。ならば、自分の個性にあった方法で乗り切っていくほうが現実的だとガイドは考えます。

「片付け脳」ではないと思う人は、部屋全体を見渡すのをやめ、たった一箇所。ピンポイントの狭い場所だけを、一回に一度、時間を決めて片付けるのが最善の道です。

次のページでは、ピンポイントで短時間のルールに沿って、忙しい日々の中でも片づけの習慣がつく「魔法の5分処方箋」をお届けしましょう。今回はまずステップ1から。簡単です、ぜひ試してみてくださいね。

→次のページへ

更新日:2008年09月16日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    17

    この記事を共有する