癒しの旅/東北の癒しの旅

ネギを箸がわりに食べるそば 大内宿 三澤屋

福島県大内宿の「高遠そば」をご紹介。冷たい汁蕎麦なのに、箸がついてこない。蕎麦に付いているのは立派なネギ一本。この不思議な蕎麦がまた美味なのです!「高遠そば」が食べられる三澤屋の紹介も。

執筆者:本多 美也子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネギを箸がわりに食べる蕎麦

江戸時代の宿場町そのままの姿を残す大内宿。地粉を使った蕎麦を打つ店を営む家も多い。

福島県会津地方、下郷町にある国重要伝統的建造物群保存地区に選定されている大内宿。
ここにはとっても変わった蕎麦がある。
その名は「高遠そば」。

この蕎麦、箸の代わりにちょっと細めのつやつやのネギ一本で食べる。
つまり、ネギで蕎麦をたぐり、蕎麦を食べつつ、ネギをかじるという食べ方。

高遠そば1050円。湧水で取ったダシの旨さも格別。ネギを囓りながら食べるのは鮮度がいいからこそ、食べられる食べ方。

ちょっとむずかしそうなのだが、意外にも、蕎麦がネギにたぐられ、うまい具合に食べられる。蕎麦は地粉の手打ち。コシが強い田舎蕎麦で、しっかりと冷やした出し汁に浸かっている。つゆはちょっと甘辛だが、出汁が利いていてさっぱりした感じだ。蕎麦の風味との相性もいい。蕎麦の上には大根おろしと鰹節。
ネギは鮮度がいいせいか、シャキッとかじれて辛いけれども甘みもしっかりある。

で、この蕎麦を「高遠そば」というのか。
なぜ会津に長野の高遠のそばがあるのか。
蕎麦屋の女店主に聞くと、その昔、会津松平家の初代藩主松平(保科)正之は、最初、信州高遠の城主だった。そこでの蕎麦の食べ方が会津にもたらされたのだという。
確かに信州も蕎麦どころ。こんな食べ方があるのだろうか。

少し疑問に思いつつも、蕎麦の旨さを堪能。

食事をした三澤屋は、大内宿の入口近くの茅葺き民家をそのまま利用した店。
開け放たれた縁側からは、街道を散策する人たちが目に入る。
なんとも、のどかな風景を眺めていると、そのまま縁側にごろんと休みたくなってしまう。


<三澤屋>
■電話:0241-68-2927 
■住所:福島県南会津郡下郷町大字大内字山本26-1
■営業時間:10時~16時(LO)
■休業日 : 12月31日~1月1日
■料金 : 水そば1260円、高遠そば1050円、けんちんそば1050円
■交通:会津若松駅よりJR只見線経由会津鉄道で45分、湯野上温泉駅下車。または浅草駅より東武鉄道・野岩鉄道会津鬼怒川線経由会津鉄道で4時間25分、湯野上温泉下車。
駅よりタクシーで10分
■車:磐越自動車道会津若松ICより国道49号、118号などで約35km(宿場内は車両進入禁止のため、大内宿有料駐車場を利用のこと。1回300円)
Yahoo!地図情報


<関連リンク>
昔が蘇る大内宿と湯野上温泉へ
 大内宿の散策と湯野上温泉周辺情報が満載です。

更新日:2005年09月11日

(公開日:2005年09月10日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する