ビジネス英会話/発声・発音・話し方

英語発音/母音

英語の発音で、意外に難しいのが、「母音」の発音です。実は日本語と英語とでは、音を出す場所?が違うのです。プレゼンに使える発音のヒントをご紹介いたします!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語発音クリニック!母音の基本をマスターする!

英語発音矯正
英語の発音から英語が見えてくる!
英語の発音で意外に難しいのが、「母音」の発音です。日本語と英語とは、母音を発声する場所が違うのです。

日本語の母音は、ちょうど、声帯のあるあたり、男性では、喉仏のある場所で、喉を締めて発音します。それに対して、英語の場合は、喉を開けて、ちょうど鎖骨と鎖骨の間で響かせるようにして発音します。

この場所の違いが、音の響きの違いになっているのです。

ネイティブスピーカーの発音というのは、時に重厚な響きを持っていますが、それは、音を発声する場所が異なっているからなのです。

しかも、英語を発音するときに、日本語の母音を使って発音してしまうと、喉をしめてしまうために、英語の子音で息が使えなくなってしまうのです。

では、どのように英語の母音は発音したらよいでしょうか?
以下のステップで発音することで、英語らしい重厚な母音のサウンドを手に入れることができます。

英語の母音の発音法

英語の母音は、次のステップで発音すると英語の母音を習得できます。

ステップ1.のどを開ける


ステップ2.指を軽く、鎖骨と鎖骨の間のくぼみに当てる


ステップ3.喉をさらに大きくあけながら、息を吐いて発音します。


喉を全開にして、発声した時の母音が、[ a ]の音になります。これが、英語の母音の基本の音になります。

この最も喉を開けた状態で発音した音が母音の基本の音で、すべての母音の音は、この場所で発音されることを確認しておきましょう!

英語は、「息」の言葉なので、喉を開け、常に鎖骨と鎖骨の間で音を響かせるような感覚で発音することが必要です。

その際、この母音の基本音である、[ a ]の「感覚」を覚えておくことが、非常に大切です。

そうすれば、英語らしい、つやのある、重厚なサウンドを効果的にプレゼンテーションなどで活かすことができるはずです。

英語のプレゼンテーションでは、音の効果も非常に重要な要素です。一度、母音の音と場所を確認してみて下さい!

編集部おすすめの購入サイト

楽天市場で英会話関連の書籍を見る

更新日:2010年10月01日

(公開日:2009年05月26日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する