少量炊くなら炊飯器は損

ご飯をほんの少しだけ炊きたい時、皆さんは炊飯器を利用しますか?炊飯器は多く焚いても少なく焚いても電気代はあまり変わりませんので、少量だけを炊くのは損です。

少量を炊く場合はお鍋を使ってガスで炊くのが手軽で経済的。そしてお鍋の中でも、土鍋で炊くご飯はふっくらと美味しく、少量でも上手に焚けます。
100円土鍋


こちらの写真の土鍋はガイド愛用の土鍋。100円ショップでよく売られている一人用の小さな土鍋です。この100円土鍋が少量のご飯を炊くのに最適なんですよ。

簡単!土鍋ご飯の焚き方

土鍋ごはん
お米1合を洗い、ざるにあげます。
土鍋に洗った米と水1カップ(200cc)を入れて、30分ほど吸水させます。


土鍋ごはん
土鍋に蓋をして強~中火にかけます。
しばらくして鍋が沸騰し、蒸気が上がってきたら弱火に。
そのまま5分間火にかけ、5分経ったら再び強火にして10秒数えたら火を止めます。


土鍋ごはん
蓋をしたまま20分蒸らしたら出来上がり!


土鍋ごはん
こんなに美味しそうなご飯が炊けちゃいます


土鍋ごはんのポイント

◆火にかけてから出来上がるまでは、絶対に蓋を開けない
(途中で蓋を開けると上手に焚きあがりません)
◆土鍋の底は絶対に水で濡らさない
(底が濡れた状態で火にかけると割れることがあります)

◇すぐに焚きたい時はぬるま湯にひたす
(水で最低30分は吸水させたいところですが、急ぐ時には水ではなくぬるま湯で5分位吸水させます)
◇芯が残ったら酒をかけて蒸らす
(焚きあがりが少し硬い場合は、小さじ1ほどの酒を振りかけて蓋をし、5分ほど蒸らします)



100円土鍋は大きさがちょうど1合のご飯を炊くのにピッタリです。写真の土鍋は平らな形の土鍋ですが、深いタイプの土鍋でももちろんご飯を炊くことができます。また、普通の土鍋でご飯を炊く時も、分量に関わらず作り方の基本は同じです。

鍋でご飯を炊くのって火加減とか難しそうと思われがちですが、基本は
強火で沸騰→弱火で5分→蒸らし20分
という単純なもの。

手軽に美味しく焚けますのでぜひお試し下さい♪