韓国語/韓国語の学び方

韓国語を仕事に活かすには

韓国語を活かして仕事がしたい、趣味のままで良いのか……。そんなふうに悩んでいる方はいらっしゃいませんか? 仕事に活かすのに必要な語学力や職種、仕事の探し方などを見てみましょう!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アンニョンハセヨ? 韓国語を活かして仕事がしてみたい、または、趣味として勉強しているけれど、このままで良いのか……そんなふうに考えている方はいらっしゃいませんか? 私も韓国語の学習は、最初は深く考えずに始めたのですが、学んでいくうちに「仕事に活かすことができないか」と思い悩むようになったものです。

「韓国語を仕事に活かしたいけど、どうしたら……」。私が主催するI.K.Bridge韓国語講座で、受講生から多くの寄せられる相談事の一つです。そこで今回は、韓国語を仕事に活かすにあたって必要となる語学力や職種、仕事の探し方などを取り上げてみたいと思います。

【INDEX】
・求められる韓国語のレベルは?
どんな仕事に就く?
どうやって仕事を探す? 心構えなど
・いまの仕事、辞められる?

求められる韓国語のレベルは?

女性
上級レベルでないといけない!?
韓国語を使って仕事、というと、上級者レベルでないといけないのではと思われがちです。もちろん、語学力はあることに越したことはありませんが、韓国・中国専門の人材派遣・紹介会社である(株)スターコーポレーションで紹介されている求人情報を見ると、「韓国語は日常会話レベル」という条件も珍しくありません。「日常会話レベル」というと、韓国語能力試験(S-TOPIK)の中級である3級や4級を取得できる程度と推測できます。

このように、求人のほとんどに上級者レベルの語学力が求められているわけではないのですが、よく見てみると「営業の経験者」や「経理の経験者」、また「貿易事務の経験者」で若干の英語力も求められたりと、実務において専門性が要求される場合が少なくありません。まずは専門性を活かしてもらい、さらに周囲の韓国の方々と円滑な関係を築いて欲しい、というのが、企業側の要求なのでしょう。

よって、「韓国語を活かして仕事に就く」ことを考えるなら、まずは韓国語能力試験の中級以上を目指し、且つ自身の実務的な専門性を磨き、売っていくのが一つの道でしょう。

「語学力はまぁあるけれど、経験不足でこれといった専門性がない」、または「これまでとまったく違う分野にチャレンジしてみたい」という方もいらっしゃるかもしれません。その場合は「未経験でも歓迎」、というような求人を探し、あとは熱意と努力でコツコツと頑張っていきましょう。諦めないことが肝心です!

それでは、次ページで、語学を活かした職種について考えてみたいと思います。

更新日:2009年09月26日