韓国語/韓国文化・雑学

韓国人と、血液型の話題で盛り上がろう!

韓国映画『B型の彼氏』。この題名からも分かるように、韓国でも血液型で人の性格をあれこれ言うのです。その性格とは? 話題を盛り上げるための韓国語も一緒に見てみましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アンニョンハセヨ? 今回は、韓国人のお友達やお知り合いとの会話を盛り上げるための話題を一つご紹介しましょう。それは、「血液型」による性格の話。『B型の彼氏』(All About映画)という韓国映画が、少し前に日本でも話題になりましたが、題名を聞いて、「おや?韓国でも血液型で性格をあれこれ言うのかな」と思われたでしょうか。もしくは、日本にもある文化なので、何の疑問も感じなかったかもしれません。そう、韓国でも、血液型を話題に性格をあれこれ分析するのですよ。

各血液型、韓国ではどんな性格と言われる?

 血液型
韓国でも血液型占いブーム
韓国では数年前から血液型分析ブーム。教育熱心な国という一面もある韓国、子どもの育て方と血液型の関係というようなセミナーには、人がたくさん集まるのだとか。さてそこで、韓国では、それぞれの血液型の性格は、どんな性格と言われるのでしょうか。気になるところですね。早速見てみましょう。 

  • A型
:慎重な人、少し臆病で大胆さに欠ける。
  • B型
:自分勝手な人、自己中心的な人、そしてクール。
  • O型
:明るく、理想的な性格、良い性格。
  • AB型
:天才、もしくは、その逆…。

いかがでしょうか。日本で言われる各血液型の性格と少し似ているようですね。しかし、どうやらO型が良いと思われているらしい、というのが見て取れます。

韓国人に多い血液型は?

「韓国で最も多い血液型はO型! だから良い人が多いのよ」と韓国の人から聞くことが多いのですが、実のところは以下のような分布比率になるようです。

【韓国と日本の血液型平均分布】(出典:『「血液型」の世界地図』/能見俊賢(青春出版社))
■韓国 O型27% A型31% B型30% AB型11%
■日本 O型31% A型38% B型22% AB型9%

実は韓国でもA型が最も多いのですね。私の周囲の韓国人は、口をそろえて「韓国人はO型が多い」と言っていたので、知ったときは驚きました。また、A型、O型、B型の人口にあまり差がなく、日本に比べ、B型がとても多いことが分かるでしょう。そして、世界的にも少数派のAB型が2桁台です。これは世界的に見ても珍しいそうです。

B型、AB型の人が多い……。個性的な人が多い韓国人。その原因は血液型にあるのかもしれません?!

次のページでは、韓国人と血液型の話題で盛り上がるための韓国語を紹介します!

更新日:2006年10月10日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する